アルコール依存症でこれまで3度もリハビリ施設で更生を試みた俳優のベン・アフレックが、同じくアルコールや薬物の依存症を経験した同世代の人気俳優陣についてコメントした。(フロントロウ編集部)

RDJやブラッドリーは“協力的”だった

 2001年、2017年、2018年にアルコール依存症から更生するためにリハビリ施設に入っていたベン・アフレック。自身の依存症が原因となり、10年間結婚していたジェニファー・ガーナーと離婚し、家族をバラバラにさせてしまったベンは米New York Timesのインタビューで、自身のアルコール依存症について告白した。

画像1: RDJやブラッドリーは“協力的”だった

 2018年に入所したリハビリ施設での治療から、現在は酒を完全に断ち、健康的な生活を送っているベン。ここまでに至るには、元妻ジェニファーの献身的なサポートがあったほか、ベンと同じように依存症に苦しんだ俳優陣からのサポートがあったという。

 更生を後押しした人としてベンは、ブラッドリー・クーパーロバート・ダウニー・Jr.の名前をあげて「彼らはとても協力的で、感謝している」と話し、依存症を乗り越えた彼らの存在が、自身の更生に大きな役割を果たしたと語った。

 ベンと同じくアルコール依存症に苦しんでいたブラッドリーは、2012年から酒を断ち、クリーンな生活を送っている。一方のロバートは、何十年間も薬物依存症に苦しみ、一時期はハリウッドを“干された”が、2003年に薬物と酒を完全に断ち劇的なカムバックを遂げた。

画像2: RDJやブラッドリーは“協力的”だった

 ブラッドリーもロバートもリハビリ施設での治療を経験しているため、同じ境遇を経験した2人からベンはサポートを受けていたという。

 そんなベンは、依存症について「多くの人々が見落としがちなのは、更生というのは、正直でいること、責任を持つこと、他者を助けること、自分が間違っていたら謝ること、こうした特定の価値観を再び吹き込むことだと思う」と、更生への道のりで重要なことを話した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.