エクササイズで人気の「プランク」を8時間ぶっ続けて行なった男性が、ギネス世界記録に認定された。(フロントロウ編集部)アイキャッチはイメージです。

ダイエットではなく、もはや競技

 体幹を鍛えるエクササイズとして、ダイエットに取り入れる人も多いプランク。四つん這いになって胴を浮かし、腕と足で身体を支えるプランクは、簡単そうに見えてかなりキツいエクササイズ。

 最初は10秒程度から始める人も多いなかで、63歳の男性がギネス記録を打ち立てた。

 元アメリカ海兵隊員であるジョージ氏の記録は…、なんと驚異の8時間15分15秒!

 2月15日に開催された本番の前に、6回の模擬練習を行ない、その時点で8時間5分を記録していたジョージ氏。最後の練習の際には、プランクを終えたあとに身体が硬直して痛そうな表情を見せていた。

 しかしそんな苦しさも、ギネス記録という目標のためにはいとわないジョージ氏は、見事に世界新記録を出してギネス記録保持者となった。

 ちなみに、女性によるプランクの最長世界記録は、カナダ人のダナ氏が2019年に打ち立てた4時間19分55秒。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.