大人気シリーズ映画『ハリー・ポッター』の劇中に、同じ世界観を共有するシリーズ映画『ファンタスティック・ビースト』の主人公ニュート・スキャマンダーが映っているって知っていた?(フロントロウ編集部)

『ハリポタ』に96歳のニュートが…!

 今も根強い人気を誇る映画『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』は、J.K.ローリングが原作・脚本を手掛けたファンタジー作品で、この2つのシリーズ映画は「ウィザーディング・ワールド」という世界観でつながっている

画像1: 『ハリポタ』に96歳のニュートが…!

 『ハリー・ポッター』シリーズの後に公開された『ファンタスティック・ビースト』の主人公であるニュート・スキャマンダー(演:エディ・レッドメイン)は、もともと原作小説『ハリー・ポッターと賢者の石』で、ホグワーツ魔法魔術学校1年生の指定教科書『幻の動物とその生息地』の著者であることは、ファンの間では有名な話。

画像2: 『ハリポタ』に96歳のニュートが…!

 2つのシリーズ作は時代設定がまったく異なることから、『ハリポタ』の主人公ハリー・ポッター(演:ダニエル・ラドクリフ)と、『ファンタビ』の主人公ニュートが“同じスクリーン”に登場することはまずないと思われていたが、じつはすでにハリーはニュートと接触していたことが判明。しかも、『ハリー・ポッター』の時代にニュートが生きていた可能性も浮上している。

 ニュートの存在が確認できるのは、映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004)。ハリーが忍びの地図を初めて使った時、地図にはなんとホグワーツをさまようニュートの名前が確認できるという。

 同作の時代設定は1993年。ニュートの誕生年が1897年であることから、96歳のニュートがホグワーツを歩いていたということになる。ただ、忍びの地図はホグワーツにいるすべての人物をあらわし、そこに住みつく幽霊たちの名前も表示するため、ニュートが幽霊である可能性も否定できない。

 ニュートは『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の時代に生きているのか? 今後の人生が明らかになる『ファンタスティック・ビースト』シリーズは、現段階で『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018)が公開されており、これを含めた5部作のシリーズ映画になると言われている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.