人気シンガーで俳優のセレーナ・ゴメスが、自身のインスタグラムで新しい家族のことを紹介した。(フロントロウ編集部)

セレーナ・ゴメスに新しい家族が誕生

 死者が最も多いヨーロッパだけではなく、アメリカでも感染が拡大している新型コロナウイルス。感染者を最小限に抑えるため、各地では不要不急の外出以外は家に留まるよう言われており、セレブたちも自宅で家族や友人らと一緒に自宅で過ごし、その様子をSNSにアップしている。

 人気シンガーたちは少しでもファンたちを喜ばせようとオンライン上で「無料ライブ」を行ない、人気モデルたちはジムに行けず自宅で運動不足を嘆くファンたちのために普段行なっているワークアウトの方法をSNSで伝授。そんななかアルバム『レア』が好調なシンガー兼女優のセレーナ・ゴメスもインスタグラムのライブ配信を行ない、ファンたちに元気な姿を見せた。

 セレーナはインスタグラムのライブ配信を行なった際、新しい家族を紹介。セレーナが紹介したのは、デイジーという名の子犬。2019年に家族としてウィニーという名の犬を迎え入れていたセレーナは、たびたびウィニーとハイキングに出かけたり、抹茶カフェを訪れたりと、仲睦まじくお出かけする様子が目撃されていた。そんなセレーナにとって2匹目の愛犬がつい最近家族の仲間入りを果たしたことを明かし、「紹介するわ、新しい家族の一員よ」と言いながらファンにデイジーをお披露目した。

 デイジーはまだ子犬なので、セレーナが片手で持てるほどの大きさ。先にセレーナの家族となったウィニーは、デイジーと仲良くやっているようで、セレーナがインスタグラムのライブ配信を行なっている間も仲良い姿を見せた。

セレーナ・ゴメスが手洗い動画を配信

 また、セレーナは手洗いしている姿をSNSで公開。現在、新型コロナウイルスの感染を防ぐために手洗いを徹底するよう呼びかけられており、セレーナはハフィントンポストの創設者であるアリアナ・ハフィントンに指名され、手洗いしているところを公開するセーフ・ハンド・チャレンジに挑戦。セレーナは手を洗う時間は「ABCの歌2回分」と説明し、「信じられない、(今まで)正しい方法で手を洗えてなかった」と、これまでの手洗いの方法が間違っていたことを明かしながら手を洗った。

 新型コロナウイルスのため、外出を控えているセレーナ。ネットを通してファンと交流しながら、家で友人や愛犬のウィニーやデイジーとリラックスした日々を送っているよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.