全身痩せにもぴったりで、気になるウエストの引き締めにも効果的な「スライドディスク」というツールが海外で人気。このツールは床の上などで滑らせてエクササイズを行なうもので、持っていなくてもぞうきんで代用できる。簡単なのに引き締め効果抜群なスライドディスク・エクササイズをチェック。(フロントロウ編集部)

「スライドディスク」で全身にアプローチ

 「スライドディスク」とは小さめの円盤型のトレーニングツールで、手や足を乗せて滑らせる動きを活かしてフィットネスを行なうもの。ヴィクシーモデルやセレブ御用達のフィットネストレーナーもトレーニングに取り入れていて、美ボディづくりを目指す人にオススメのツール。

 ニューヨークでパーソナルトレーナーを務めるビアンカ・ベスコは、「スライドディスクを使用することで簡単な動きでも不安定になるため、バランスを保つ必要が出てくるのでインナーマッスルを鍛えることができる」と米メディアSELFにコメント。さらに、動かしていないパーツもバランスを取ろうと緊張状態になるため、全身にアプローチができる。

 ちなみにスライドディスクを持っていなくても、自宅にあるぞうきんや滑りやすい靴下を使って同じメニューを取り入れることが可能。オススメのメニューを2つご紹介。

画像: 「スライドディスク」で全身にアプローチ

マウンテン・クライマー

 このエクササイズは、全身の脂肪燃焼に効果的な有酸素運動と筋トレの両方を兼ね備えたメニュー。とくにウエストやお尻、脚を引き締めたい人にオススメ。

画像: マウンテン・クライマー

ステップ1:腕立て伏せの姿勢をつくり、両手と両足のつま先で上体を支える。つま先の下にスライドディスクをセット。

ステップ2:スライドディスクを踏んだまま、右足を曲げて滑らせながら胸の方に引き寄せる。もとの位置に右足を戻したら、左足も同様に行なう。この動きを両足交互に繰り返し、30秒を1セットとして3~4セット行なう。

クラブポジション・キックアウト

 このエクササイズは、とくに二の腕とウエストの引き締めに効果的。

画像: クラブポジション・キックアウト

ステップ1:床に座って両足を前に伸ばしたら、かかとの下にスライドディスクをセット。お尻から30cmほど離れたところに両手をついて上半身を倒す。両手の指先はお尻の方に向くように置く。

ステップ2:1の状態からお尻を持ち上げたら、スライドディスクを踏んだまま片足ずつお尻の方に交互にすべらせて引き寄せる。15回を1セットとして、2~4セット行なう。両ヒジは軽く曲げて、ヒジに過度な負荷がかからないように注意して。

 ぞうきんや靴下でも代用できるスライドエクササイズだけれど、「スライドディスク」も1,500円ほどで購入が可能。シンプルな動きでも効果を上げてくれる便利なツールなので、ぜひチェックしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.