新型コロナウイルスのため、世界中外出で外出禁止令が発令されている今、自宅で出来る塗り絵をセレブたちが無料で公開している。(フロントロウ編集部)

外出自粛に伴いセレブが塗り絵を公開

 新型コロナウイルスの勢力が拡大している欧米では、外出禁止令が発令されていたり、その他の場合でも自主的に隔離生活を送ったりしている人が多いく、ほとんどの人が自宅で過ごし新型コロナウイルスの予防に徹している。

 自宅ではストリーミングサービスを利用してテレビや映画を鑑賞したり、読書に勤しんだり、料理を楽しんだりと、それぞれの方法でこの大変な時期を過ごしている。そんな自主隔離中の人たちの力になろうとセレブたちも手を差し伸べており、シンガーはオンライン上で無料コンサートを開催し、モデルたちは日々のワークアウトを公開するなどしている。

ピンクが自宅でコンサートを行なっている様子。

 そんななか、隔離生活の中でちょっとしたブームになっているものが。それは、誰でも気軽に楽しむことが出来る塗り絵。この塗り絵の下絵を人気セレブたちが続々とオンライン上で公開し、外出自粛をする人たちへ無料で提供している。塗り絵の下絵を公開している3人のセレブをご紹介。

ビリー・アイリッシュ

第62回グラミー賞で主要4部門を総なめにしたシンガーのビリー・アイリッシュは、自身のオンラインストアで塗り絵の下絵を公開。無料でダウンロードできるものの、ダウンロードする際に約110円(1ドル)、約550円(5ドル)、約1,100円(10ドル)、約2,200円(20ドル)と選ぶことができ、選んだ金額は全てユニセフに寄付される。塗り絵を楽しみながら、ちょっとした寄付に参加出来る。


マイリー・サイラス

シンガーで女優としても活動しているマイリー・サイラスは、毎週月曜日~金曜日にファンのために自身のインスタグラムで『ブライト・マインデッド:ライブ・ウィズ・マイリー(Bright Minded: Live With Miley)』と名づけられたインスタグラムのライブ配信を行い人気セレブたちをトークショーに招いている。そんなマイリーが同番組のデザインをモチーフにした塗り絵の下絵を画家のアシュリー・ロングショアとコラボして公開している。

画像: 外出自粛に伴いセレブが塗り絵を公開

アンダーソン・パーク

ラッパーのマック・ミラーやチャンス・ザ・ラッパーなどとコラボを果たし、グラミー賞を4度受賞しているラッパーでシンガーのアンダーソン・パークは、2017年に恵まれない子供たちや次世代の若手アーティストのために立ち上げた.Paak Houseにて、塗り絵の下絵を無料で公開。下絵となっているのは、サーフボードを持っているアンダーソン自身。


イギリス王室

また、セレブだけではなくイギリス王室も塗り絵の下絵を公開。その下絵のデザインは、なんと大英帝国勲章メダル。まさにイギリス王室の塗り絵にふさわしいデザインに。ちなみにイギリス王室は、これから毎週月曜日に子供達のために家で楽しめるおもしろいアクティビティや、学習教材を公開していくことをツイッターで明かしている。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.