2001年から続く大人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズ。主人公のドミニクを演じるヴィン・ディーゼルが、10作目でシリーズを終わらせると発表している理由は、故ポール・ウォーカーと交わした約束があるからだった。(フロントロウ編集部)

現在シリーズ8作目まで完了!『ワイルド・スピード』シリーズ

 『ワイルド・スピード』は2001年から続く人気カーアクション映画。日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、なんと5,400億円を突破している。

画像: ©︎UNIVERSAL PICTURES/DENTSU/FAST 7 PRODUCTIONS/ONE RACE FILMS

©︎UNIVERSAL PICTURES/DENTSU/FAST 7 PRODUCTIONS/ONE RACE FILMS

 最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、1月31日に予告編が公開されるやいなや、24時間で5億回の再生回数を突破。しかし残念ながら新型コロナウイルス流行の影響により、公開日が2020年5月から2021年に延期となった。

 主人公のドムを務め、シリーズのプロデューサーの1人でもあるヴィン・ディーゼルは、かねてより『ワイスピ』シリーズを10作品目で終わらせることを明言していたが、それは故ポール・ウォーカーと「ある約束」を交わしたからだった。

不慮の交通事故で失ったファミリー、ポール・ウォーカー

 『ワイスピ』シリーズの主人公は、ヴィン演じる“ドム”ことドミニク・トレットと、ポール演じるブライアン・オコナーの2人だった。2人のキャラクターは、最初こそいがみあってはいたけれど、車を通じて心を通わせ、“ファミリー”に。

画像: 不慮の交通事故で失ったファミリー、ポール・ウォーカー

 しかし2013年、シリーズ7作目の『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影終了直前に、ブライアン役のポールがプライベートで起きた自動車事故で亡くなるという悲劇が。あまりにも突然すぎる訃報は、共演者や映画のスタッフ、そして世界中のファンを驚かせ、悲しませた。

 この1件により一度は撮影がストップしてしまったものの、ポールの家族の後押しにより撮影は再開。現場には、「ポールのためにも『ワイスピ』を完成させよう」という強い絆が生まれたという。

 実は、ヴィンはポールが亡くなる直前に、シリーズを10作品目までやろうという約束を交わしていたことを、映画『ブラッドショット』のインタビューが行なわれた際、米USA Todayに明かしていた。

ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーが交わした約束

 ヴィンは、2013年にポールと参加したインタビューの様子を思い返し、「彼は(映画が)継続していたことをいつも喜んでいたよ。自分のブラザー(※ヴィンのこと)が配給会社よりも先に映画について考えを巡らせ、他の誰もが知る前に新作が次々と作られ、彼にとって満足いくストーリーが続いていたことに対して、いつもワクワクしていたし、誇らしげだった」と、『ワイスピ』がシリーズとして成功したことをポールが喜んでいたと告白。

画像: ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーが交わした約束

 そしてヴィンがポールに「このシリーズは10本続けられるな」と言うと、ポールは目を輝かせ「え?あり得ない!」と笑ったそう。その夜2人はシリーズの将来について話し合い、10作目まで続けることを約束。ヴィンは「他の人にとっては何の意味もないかもしれないけれど、個人的なレベルでは俺が弟(ポール)とした約束だ」と語った。

 大人気シリーズが10作目で終わってしまうことは残念ではあるけれど、ヴィンとポールが交わした堅い約束だったと考えると、納得。ヴィンによると、10作品目は前編・後編の2部構成になるかもしれないという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.