主演のポール・ウォーカーの遺作として知られる大人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズ7作目『ワイルド・スピード SKY MISSION』。ポールが亡くなっていなかった場合のオリジナル脚本はどうなっていた?(フロントロウ編集部)

9作目が公開間近の『ワイルド・スピード』シリーズ

 『ワイルド・スピード』シリーズは2001年から続く大人気カーアクション映画。日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、5,400億円を突破している。

画像1: ©︎UNIVERSAL PICTURES

©︎UNIVERSAL PICTURES

 最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、1月31日に予告編が公開されるやいなや、24時間で5億回の再生回数を突破。しかし残念ながら新型コロナウイルス流行の影響により、公開日が2020年5月から2021年に延期となった。

 『ワイスピ』の主人公はヴィン・ディーゼル演じるドミニク・トレット。『ワイスピ』は彼とそのファミリーをメインに、毎回限界を超えるド派手なアクションと深い絆が描かれており、世界中のファンから愛され続けている。

 本作は2013年、もう1人の主人公でヴィンの親友、ブライアン・オコナー演じるポール・ウォーカーを失った。ポールはシリーズ7作目の『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影終了直前にプライベートで起きた交通事故で亡くなるという悲劇に見舞われ、ファミリーは大きな悲しみに包まれた。

画像2: ©︎UNIVERSAL PICTURES

©︎UNIVERSAL PICTURES

 当時撮影クルーは悲しみに暮れ、4ヶ月もの間撮影を中止。その期間に、脚本は元のものから書き換えられることに。撮影が終わる前に自動車事故で他界したポールの残されたシーンは、CGや彼の弟たちの出演で補われた。

『ワイスピ7』のオリジナル脚本はどんなものだった?

 実の所、『ワイスピ』シリーズの脚本家であるクリス・モーガンによると、「ストーリーに関しては、元の脚本とあまり変わりがなかった」という。

画像3: ©︎UNIVERSAL PICTURES

©︎UNIVERSAL PICTURES

 彼は「唯一の違いは、(映画のストーリーでは)ブライアンとミアと家族を、 “普通の家族”にしてあげたこと。人生におけるアクション要素を捨て、大切な家族を危険に晒すことをやめるという結末になった。(ポールが生きていたら)ブライアンは新しい生き方を学び、(家族との生活に)合わせて変化していくというものになっただろう」と、両者の微妙な差を米Colliderのインタビューで明かした。

 しかし、元の脚本とあまり変わりがなかったとはいえ、「一般的な家族になるブライアン」と「そのまま車に乗りながらも家族と生きるブライアン」では大きな違い。

画像4: ©︎UNIVERSAL PICTURES

©︎UNIVERSAL PICTURES

 元々警官でその後ストリートレーサーになったブライアンは『ワイルド・スピード SKY MISSION』の劇中で普通の生活を送りながらも「車じゃなくて銃弾が恋しい」と葛藤していた。そしてそのどちらも選ぶというも、ポールの事故死を経て、最終的に車も銃弾も捨て、家族と生きる人生を優先することになったというのがオリジナル脚本と違う部分だった。

 ヴィンはポールが亡くなる直前に「シリーズを10作目まで続ける」という約束を交わしたことを忘れずに、『ワイスピ』を10作目まで続けると宣言している。最新作の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2021年公開予定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.