『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J.K.ローリングの「反トランスジェンダー的」な発言に批判が寄せられていることを受けて、映画『ハリー・ポッター』のスピンオフ作品『ファンタスティック・ビースト』に主演する俳優のエディ・レッドメインが声明を出して、自身のスタンスを明らかにした。(フロントロウ編集部)

エディ・レッドメイン、『ハリポタ』作者の“炎上発言”騒動に言及

 映画『ハリー・ポッター』(以下『ハリポタ』)シリーズの原作となった同名児童向けファンタジー小説の著者で、『ハリー・ポッター』の新シリーズである『ファンタスティック・ビースト』(以下『ファンタビ』)の原作・脚本も手がける作家のJ.K.ローリングの「反トランスジェンダー的」ととれる発言が批判を集めるなか、『ファンタビ』シリーズでニュート・スキャマンダ―役を演じる俳優のエディ・レッドメインが騒動に言及した。

J.K.ローリングの「反トランスジェンダー的」発言とは?

 ローリング氏は、ツイッターを通じて米メディアDevexの『意見:新型コロナウイルス以降の世界を月経がある人々にとってより公平なものにするために』というタイトルの記事をシェア。

 新型コロナウイルスというパンデミックによって得た教訓をもとに、月経にまつわる健康への意識を高め、さまざまな理由により生理用品を入手するのが困難な人々をサポートするシステムを整えるべきだと論じたこの記事では、トランスジェンダー(※1)の男性(生まれ持った体は女性)やノンバイナリー(※2)の人たちも考慮に入れ、「月経がある=必ずしも女性ではない」ということを強調するため、タイトルでも「月経がある人々」という書き方が採用されたが、この表現ひっかかるものを感じた様子のローリング氏は、「“月経がある人”ね。以前はこの人たちを表す言葉があったと思うんだけど。なんだったっけ、誰か教えてくれない?ウンベン?ウィンパンド? それとも、ウーマッド?」と、あえて「女性(ウィメン)」と記載しなかったことに疑問を投じた。

※1:生まれ持った体と心の性が一致しない人。※2:自分の性認識が男女という性別のどちらにもはっきりと当てはまらないという考え

画像: 『ファンタビ』エディ・レッドメイン、『ハリポタ』著者の“炎上発言”に「賛同しない」【声明全訳】

 少し茶化したようにも聞こえるローリング氏のこの発言は、反トランスジェンダー的だと批判の的に。

 ローリング氏は、「もし性別がリアルではないなら、同性同士が引かれることだってない。もし性別がリアルじゃないなら、これまで世界中の女性たちが生きてきた現実が消し去られてしまう。私はトランスジェンダーの人たちのことも知っているし、大好きだけど、性別の概念を取り除いてしまうのは、多くの人たちが自分の人生について有意義に議論をする可能性を奪ってしまう。真実を語るのは悪意ではない」と持論を展開し、トランスジェンダーを嫌悪しているわけではないと説明したが、非難の声は鳴りやまず、一般ユーザーからはもちろん、セレブたちからも異論を唱えるコメントが続出した。


エディ・レッドメインの声明を全訳

 ローリング氏の炎上発言騒動を受けて米Varietyに声明を出したエディは、ローリング氏の言葉には「賛同しない」ことを明確にしつつ、「トランスジェンダーの女性は女性です」とこんな言葉で訴えた。

画像: ローリング氏とエディ。2018年11月、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のワールドプレミアにて。

ローリング氏とエディ。2018年11月、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のワールドプレミアにて。

 以下、エディのコメントを全訳。

 トランスジェンダーの人々を尊重することは文化的な必須事項であり、僕自身も何年間にもわたって、それについて知識を身につけようと努めてきました。これはまだ進化の過程にあります。
 J.K.ローリング氏とトランスジェンダー・コミュニティーの人々の両方と一緒に仕事をした経験を持つ立場の人間として、僕は、自分がこの問題に対してどういった立場を取っているかを明確にしておきたいと思います。
 僕はジョー(ローリング氏の愛称)のコメントには賛同しません。トランスジェンダーの女性たちも女性です。トランスジェンダーの男性たちは男性だし、ノンバイナリーの人々のアイデンティティだって正当です。僕はトランスジェンダーのコミュニティを代弁するようなことは決してしたくないけれど、大切なトランスジェンダーの友人たちや仕事仲間が、絶えず繰り返されるアイデンティティへの疑問にウンザリしているという事実は知っています。それらの疑問が暴力や虐待につながることも多すぎるほど頻繁にあるのです。彼らはただ、穏やかに暮らしたいだけです。どうか、もう、そろそろ、彼らにそうさせてあげましょう


過去にトランスジェンダー女性を演じた経験

 2015年に公開された映画『リリーのすべて』では、世界で初めて性別適合手術を受けたトランスジェンダー女性であるリリー・エルベを熱演して第88回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされた経験を持つエディ。

画像: 映画『リリーのすべて』の場面写真。©ARTEMIS PROD/PRETTY PICTURES/REVISION PICTURES/WORKING TITLE / Album/Newscom

映画『リリーのすべて』の場面写真。©ARTEMIS PROD/PRETTY PICTURES/REVISION PICTURES/WORKING TITLE / Album/Newscom

 同作の撮影中に英GQ Styleの取材を受けた彼は、トランスジェンダー女性であるリリーを演じるにあたり「研究すべきことがたくさんあります。トランスコミュニティにおいては、とても有名な物語ですから」と、目下、トランスジェンダーの歴史や文化などについて学んでいることを明かしていた。

 『リリーのすべて』への出演を通じてトランスジェンダー・コミュニティーへの理解を深め、その後も知識を吸収しつづけているエディにとっては、ローリング氏の発言は擁護できるものではなかったよう。

 この騒動に関しては、映画『ハリポタ』シリーズで主人公のハリー・ポッターを演じた俳優のダニエル・ラドクリフも、つい先日、声明を出したばかり

画像: 過去にトランスジェンダー女性を演じた経験

 ダニエルもエディと同じく「トランスジェンダーの女性は『女性』です」と念押したうえで、世間の人々にトランスジェンダーたちが直面しているさまざまな問題に目を向け、知識を身に着けるよう促したほか、ローリング氏の今回の発言により『ハリポタ』という作品との経験が損なわれてしまった、もしくは薄れてしまったと感じているファンに対して、「一連の発言が引き起こしてしまった痛みを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.