ドラマ『SUITS/スーツ』のマイク役でおなじみの俳優パトリック・J・アダムスが、「今さらハマったもの」にファンから歓迎する声があがっている。(フロントロウ編集部)

だいぶ遅れて“あの人気シンガー”の魅力にハマる

 日本でもこの春から俳優の織田裕二主演でシーズン2の放送がスタートした、超人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』で“天才ニセ弁護士”のマイクを演じていた俳優のパトリック・J・アダムスが、超今さらながらシンガーのテイラー・スウィフトの魅力にハマったことを、友人で弁護士のジャスティン・ミキタがツイッターで“暴露”した。

画像: ドラマ『SUITS/スーツ』より、ハーヴィー役のガブリエル・マクトとマイク役のパトリック・J・アダムス。日本版ではハーヴィーの役を俳優の織田裕二、ハーヴィーとコンビを組むことになるマイクの役を人気アイドルグループHey! Say! JUMPの中島裕翔が演じている。 (※日本版では役名は違う) Photo:©︎UNIVERSAL CABLE PRODUCTIONS / Album/Newscom

ドラマ『SUITS/スーツ』より、ハーヴィー役のガブリエル・マクトとマイク役のパトリック・J・アダムス。日本版ではハーヴィーの役を俳優の織田裕二、ハーヴィーとコンビを組むことになるマイクの役を人気アイドルグループHey! Say! JUMPの中島裕翔が演じている。(※日本版では役名は違う)
Photo:©︎UNIVERSAL CABLE PRODUCTIONS / Album/Newscom

 ジャスティンは、ドラマ『モダン・ファミリー』のミッチェル役でおなじみの俳優ジェシー・タイラー・ファーガソンの夫として知られ、パトリックとはジェシーを交えた3人で仲良くしている。そんなジャスティンとジェシーのもとに、つい先日、パトリックから送られてきたメールの内容がコチラ。

 「テイラー・スウィフトについて何も知らなかったんだけど、彼女のドキュメンタリーを見たあと、さらに彼女の(楽曲の)ミュージックビデオをすべて見た。そしたら君たちがいたんだ。ものすごく良かったよ」

 パトリックが言っていた「君たちがいた」というのは、恐らくテイラーが2019年にリリースしたLGBTQ+アンセム「ユー・二ード・トゥ・カーム・ダウン(You Need To Calm Down)」のことで、ジャスティンとジェシーはこの曲のMVにそろって出演している。

 テイラーに関するドキュメンタリー番組を見て彼女の魅力にどハマりし、すでにミュージックビデオまで全部見たというパトリックの報告に、ジャスティンとジェシーが「彼女って本当に最高だよね」「彼女は素晴らしい」と返信すると、パトリックもそれを認め「(テイラーの魅力に気づかずに)彷徨っていたけど、彼女が僕を見つけてくれた」と、めでたく“スウィフティーズ(※テイラーのファンの愛称)”の仲間入りを果たしたことを明かした。

 ちなみに、世間の人たちよりだいぶ遅れてテイラーのファンになったパトリックに、先輩スウィフティーズたちからは歓迎する声があがっているほか、パトリックの妻でドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』のスペンサー役でおなじみの俳優トローヤン・ベリサリオも、パトリックと同じスタンスなのか知りたいという声もあった。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.