シットコムの“嫁”がドラマから抜け出して、自分の人生を取り返す。皮肉に溢れた『Kevin Can F**k Himself』が見たい!(フロントロウ編集部)

皮肉でダークなコメディ『Kevin Can F**k Himself』

 アリソンは、アメリカに住む専業主婦。夫のケヴィンとは結婚して10年が経つが、あるパーティーがきっかけで、彼女は自分の人生を取り返すことを決意する…。

 そんなストーリーラインのドラマ『Kevin Can F**k Himself(原題)』が、高い評価を受けている。その物語は、ありがちといえばありがち。しかし本作が話題となっているのには1つの理由がある。

 それは、本作がシットコム(シチュエーション・コメディ)と普通のドラマを混ぜた映像で展開するということ。

 アリソンがケヴィンやその仲間といる時には、シットコムのような映像で物語が進むが、アリソンがケヴィンたちへの苛立ちを心の内で爆発させたり、彼女が1人でいたりする時には、カメラワークなどは普通のドラマのようになる。

 明るく、夫やその仲間の世話をする“嫁”というシットコムの登場人物であるアリソンが、そのドラマの中から抜け出し、自分の人生を取り返す。しかもそのなかでは、アリソンがケヴィンを殺す想像をするなど、かなりダークな展開も。

 本作が、長年、様々なシットコム作品で女性キャラクターが性差別的に描かれてきたことに、深く鋭い皮肉と復讐を狙うものであることは、そのタイトルに大いに現れている。なぜなら“ケヴィンは自分でどうにかできる”という意味のタイトル『Kevin Can F**k Himself』は、2018年まで放送されたシットコム『Kevin Can Wait(原題)』を意識した皮肉であることは明らかだから。

 アリソンを演じるのは、大人気コメディドラマ『シッツ・クリーク』のアニー・マーフィー。アメリカでは6月20日に放送開始。日本での放送は未定。

 アリソンは自分の人生のどのような主人公になるのだろうか。

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.