離婚を発表したばかりのチェニング・テイタムとジェナ・ディーワン。発表直前にジェナが話した夫婦についての考え方が意味深…。

 2006年に公開された映画『ステップ・アップ』で共演したことがきっかけで交際し、結婚した俳優のチャニング・テイタム(37)とジェナ・ディーワン(37)。そんな2人が9年の夫婦生活に終止符を打ったことを発表。多くのファンの間に衝撃が走った。

画像: チャニング・テイタム離婚、発表直前に妻ジェナが話した「結婚観」が意味深だった

妻ジェナが語った「理想の夫婦」

 2人が離婚を発表する数週間前に、妻ジェナはHealth誌の表紙を飾り、そこでなぜ夫婦円満の秘訣を聞かれ、こう答えていた。

周りに『2人は本当に完璧な人生だよね』って言われるけど、誰も完璧じゃないって叫びたくなる。「お似合い」っていうのはあると思うけど、それってお互いが一緒に成長しているからこそお似合いだと思うの。私たちは今の時点ではもうすでに成長してきたわ。カップルってお互いが歩み寄って努力が必要な時は進んで努力するものだと思う。私たちはそれをしてきたの。だけど私たちだって完璧じゃないわ! 冗談でしょ? ほかのカップルと一緒でケンカもするし、好きじゃない日だってあるのよ

 「おしどり夫婦」として長年多くの人にとっての憧れの的だったけれど、ジェナは「完璧じゃないって叫びたくなる」などと、完璧に見えても実際はそうではないと強調した。一緒に成長するのが大切と言ったあとに、「もう成長してきた」と過去形で話して意味深な発言をしていた。

 そしてその数週間後に離婚を発表。9年連れ添ってきたチャニングとは、「今も親友」と声明で語っている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.