映画『美女と野獣』のエマ・ワトソンとドラマ『glee/グリー』のコード・オーバーストリートが破局したと一部で報じられている。

エマ&コードカップルの破局報道


 エマ・ワトソンとコード・オーバーストリートは、3月に手を繋いでいる姿が激写されたことで交際が発覚。

 この時すでに交際数ヵ月だったと言われており、今月で交際半年を迎えようとしているなか、2人が破局したことをThe Sun紙が報じている。

画像: エマ&コードカップルの破局報道

 同紙によると、2人は当初は関係が上手くいっていたけれど、徐々にすれ違いが生じて破局に至ったと報じている。
 さらに同紙は、破局したことの証明として、エマがコードのインスタグラムのアカウントをアンフォローするほか、その他すべてのSNSで、コードとのつながりを断ち切っていると伝えている。

 しかし、この2人の破局報道には多くの矛盾点がある。

「エマがコードをアンフォローした」という疑問

 そもそもエマは、インスタグラムでコードのことをフォローしておらず、ツイッターも同様、以前からコードをフォローしていない。

 エマがインスタグラムでフォローしているのは、たった21人だけで、そのほとんどがNPO団体と女性。男性で唯一フォローしているのは、「最も影響力のある100人」に選ばれ、政治的意見を発言することの多い俳優のリズ・アーメッド。

画像: 「エマがコードをアンフォローした」という疑問

 エマは、フェミニスト活動をはじめとした社会活動のためにインスタグラムを活用しているため、このアカウントでプライベートな関係にあるコードをフォローすることは考えにくい。

 一方のコードは、現在もインスタグラムとツイッターの両方のアカウントで、エマをフォローしている。

画像: コードのインスタグラム(左)、コードのツイッター(右)

コードのインスタグラム(左)、コードのツイッター(右)

 2人の関係の真相は明らかではないけれど、今回の破局報道に矛盾点があるのは間違いない。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.