活動休止中のワン・ダイレクションのメンバーで現在ソロとして活動するリアム・ペインと、同じくシンガーでパートナーのシェリルが破局したことを本人たちがSNSで発表した。

 歳の差カップルとして知られるリアム・ペイン(24)とシェリル(35)が破局したことを、それぞれSNSを通じてファンに報告した。約2年半の交際に終止符を打った2人のあいだには昨年3月に誕生した長男のベア君(1)がおり、どちらが息子の親権を持つのかはまだわかっていない。

画像: リアム・ペイン&シェリルが破局、今年3月の来日時に「円満アピール」も【声明文全訳】

 以下が声明文の全訳。

 ※別々に声明文を発表していましたが、内容が同じだったのでひとつにまとめてあります。

 「とても悲しいお知らせですが、私たちは別々の道を歩むことにしました。これは私たちにとってとてもツラい決断でした。家族として、私たちは今でもお互いにとても深い愛情を持っています。大切なベア(息子の名前)のためにも、みなさんには今回の件についてプライバシーを尊重してくださるようお願いいたします」

 今年の春ごろからたびたび不仲説が浮上していたリアムとシェリルだが、3月に日本で開催された音楽フェス「POPSPRING 2018(ポップスプリング)」に出演するためにリアムが来日した際には、「(ツアーで家を空けているあいだ)たくさんベアに会えているのも、シェリルが良くしてくれているからであって、シェリルは僕のためにベアと一緒に会いに来てくれることもあるし、2人で一緒にいる時間をできるだけたくさん作っているんだ」と、彼女のことを称賛する発言をしていた

 「プライバシーを尊重してほしい」という2人の言葉から察するに、破局の真実が明らかにされる可能性は低そうだが、10歳以上の年の差がありながらも“おしどりカップル”として上手くやっていた2人の破局に、多くのファンが衝撃を受けている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.