映画『グレイテスト・ショーマン』の俳優ヒュー・ジャックマンがアメリカ独立記念日を共に過ごした意外な人物って? 

 アメリカがイギリスから独立し、ひとつの国となった記念すべき日を祝う独立記念日。数々のセレブたちが、家族とバーベキューをしたり、プールやビーチで遊んだり、名物の花火を鑑賞したりするなか、オーストラリア出身のヒュー・ジャックマン(49)は、朝から体づくりに精を出していた。

 カリフォルニアに滞在中のヒューが、この日トレーニングに励んだのは、ベニスビーチにある老舗スポーツジム、ゴールドジム(GOLD’S GYM)。

 肉体派セレブやスポーツ選手が通う「筋肉の聖地」として知られているこのジムで、ヒューはある伝説のマッチョ系俳優と対面していた。

 その人物とは、映画『ターミネーター』シリーズなどでお馴染みのアーノルド・シュワルツェネッガー(70)!  

画像: ヒュー・ジャックマン、「筋肉の聖地」であの伝説のマッチョ俳優とトレーニング

 アーノルドと友人のピートとのスリーショットをSNSで公開したヒューは、「ゴールドジムでアーノルド・シュワルツェネッガーとご一緒できるなんて、なんて素晴らしい独立記念日のスタートの仕方なんだ! 」と憧れの先輩とトレーニングを共にできた喜びをフォロワーたちに報告。

 これに対し、アーノルドもツイッターを通じて「君に会えて、一緒にトレーニングできて、とても嬉しかったよ!」とヒューにメッセージを送っていた。

 元ボディービルダーという異色の経歴を持ち、屈強なマッチョ系俳優として長年活躍してきたアーノルドだが、じつは、今年3月末、1997年に先天性心疾患が原因で取り換えた心臓弁を再び取り換えるために心臓手術を受けたばかり。

 手術後は、加齢に負けない健康な身体をキープするため、様子をみながらトレーニングに励んでおり、ときには1日2度のセッションをこなすことも。

 ヒューは、そんな大先輩のたくましい姿を目の当たりにして、大きな刺激を受けたよう。そして、この2人が一緒にトレーニングをしている場面に出くわした一般客たちは、さぞかし驚き感動したことだろう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.