『スター・ウォーズ』シリーズで知られる俳優のマーク・ハミルが、自身のツイッターでアーノルド・シュワルツェネッガーが俳優になりたての時のエピソードを語った。

「シュワちゃん」じゃなかったかも

 日本では「シュワちゃん」の愛称で有名な俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー(71)が俳優として駆け出しだった頃のエピソードを『スター・ウォーズ』シリーズの俳優マーク・ハミル(66)が激白。

画像: 「シュワちゃん」じゃなかったかも

 マークはかつて、俳優業を目指し始めた頃のアーノルドから“業界の先輩”としてアドバイスをあげたことをツイッターでファンの質問に答える形で明かした。

 そこでマークは、アーノルドにとんでもないアドバイスを与えていた。

 「アーノルド・シュワルツェネッガーが新人の頃、僕にアドバイスをもらいに来たんだ。僕は彼に様々な役を演じるためにアクセントを弱めることと、誰も発音できないラストネームは変えたほうがいいと言った。彼は(僕のアドバイスと)反対のことをして偉大なスターになったよ」

画像: Mark Hamill on Twitter twitter.com

Mark Hamill on Twitter

twitter.com

 オーストリア出身で英語が母国語ではないため、特徴的なアクセントを持つアーノルド。加えてシュワルツェネッガーという名前が当時のハリウッドでは珍しかったため、マークはアーノルドに役柄に影響するアクセントを変え、発音しにくい名前を改名するべきだとアドバイスしたそう。

 もしアーノルドがマークの意見を聞いていたら、アーノルドの特徴であるそのユニークなアクセントや「シュワちゃん」の愛称はなかったかもしれなかったのだ。

 そんな暴露話を明かしたマークにアーノルドが反応。「普通の状況なら君のアドバイスはごもっともだったよ。昔はそれがルールだった。たまたま僕はルールを破る人だっただけ」と、当時のハリウッドの風潮からしてマークの助言は当然のことだったとフォローした。

画像: Arnold on Twitter twitter.com

Arnold on Twitter

twitter.com

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.