ミラノ・ファッションウィーク中に行われた人気ブランドGCDSの2019年春夏コレクションに「乳房が3つある」女性モデルが登場し世間をあっと驚かせた。

 イタリア発の新進気鋭ブランド、GCDS(ジー・シー・ディー・エス)は、スポーティーさとポップさが融合したド派手なスタイルが、今、海外の若者の間でカルト的な人気となっている注目ブランド。

 日本のアニメ『ポケット・モンスター』に登場するポケモンたちのモチーフなどを取り入れた最新シーズンのコレクションは、オープニングで日本のお笑い芸人である渡辺直美の映像が取り入れられるなど、随所に日本のポップカルチャーからの影響が散りばめられたショーとなった。

 そんな近未来感満載のランウェイには、なんと乳房が3つある女性モデルも登場! 会場に駆けつけた見学者たちだけでなく、ランウェイの内容をネットのニュースやSNS上で目にした世間の人々の度肝を抜いた。

画像: 「乳房が3つある」モデルが伊ファッションウィークに登場し騒然
画像: ©GCDS/ Instagram

©GCDS/ Instagram

 乳房が3つある女性たちを発掘してきたのかと思いきや、じつは、これ、映画などで使われる特殊素材を使って制作された「ニセ乳」。

 これを見た人の間では、人々が火星へと移住する近未来を描いた俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF映画『トータル・リコール』(1990年公開)に登場した3つの乳房を持つミュータントガールを彷彿とさせると話題になっている。

画像: ©Diet Prada/ Instagram

©Diet Prada/ Instagram

 同ショーには、演出の一部として映像出演した渡辺直美も観覧に訪れ、アフターパーティでも参加者たちを盛り上げていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.