米ウォルト・ディズニーが米21世紀フォックスのコンテンツ事業のほとんどを買収することが、ついに決定となった。

約8兆円で買収

 2017年末に世界中に大きな衝撃が走った、米ウォルト・ディズニーによる米21世紀フォックスの買収計画がついに決着。

 フォックスが713億ドル(約8兆円)でディズニーによる買収を承認し、『アバター』や『X-MEN』シリーズなどの大作を生んだフォックスのエンタメ事業がディズニーの傘下となる。

画像: 約8兆円で買収

 ディズニーはすでに、『スター・ウォーズ』シリーズのルーカスフィルムや、『アベンジャーズ』シリーズをはじめとしたMCU映画を製作するマーベル・スタジオを所有しており、映画史に残る興行成績を収めた数多くの大作を支えている。

 そんな大手2社が事業統合に合意したことで、ここぞとばかりに盛り上がりを見せるのが、マーベルのファン。

買収が与えた大きな夢とは?

 マーベルコミックから映画化された映画は数多くあるものの、近年は映画『アベンジャーズ』シリーズをはじめとしたMCU映画のようなマーベル・スタジオによって製作されたものと、『X-MEN』シリーズや今年第2弾が公開された『デッドプール』シリーズのようなフォックスが配給の作品と、製作会社や配給会社が作品によって分かれている。

画像1: 買収が与えた大きな夢とは?

 そのために同じマーベルの作品でも世界観を共有できないほか、“大人の事情”から原作では絡みがあるキャラクターが、映画化されると共演できないといったジレンマがあった。

 しかし今回、フォックスがディズニーの仲間入りを果たすことで、今まではできなかった「夢の共演」が実現に一歩近づいた。

 ファンの希望をより現実的にさせたのが、アメコミクリエーターのロバート・ライフェルドがインスタグラムに更新したメッセージ。

画像1: RobertLiefeld on Instagram: “SUNDAY WITH STAN! Well, my Saturday, but your Sunday. Let’s get right to it, how great does @therealstanlee look in this photo?? He’s doing…” www.instagram.com

SUNDAY WITH STAN! Well, my Saturday, but your Sunday. Let’s get right to it, how great does @therealstanlee look in this photo?? He’s doing really, really well, his own words actually. I had the pleasure of sitting with him yesterday for an extended period and it was a delight. My visiting him was something that I was fortunate to have been extended by Stan’s family and friends a few weeks back, I told them to let me know the morning of, in case Stan was too tired or not feeling up to it. I got the call Friday and then Saturday a.m. to come on over. When I saw Stan, my heart soared, his color was great and his eyes were wider than I’d seen them in quite some time. He was vibrant and spry. I told him that everyone would be thrilled to see how good he was doing. That’s when he said “I’m doing well, tell them I’m doing well.” He said “Can you believe I’m 95 years old, Rob? I’m still here at 95, who would have thought?” I told him how traveling with him a few years back opened my eyes to the tremendous energy and stamina he possessed. I look at him as I do my mom, but 20 years older, he’s amazing. We talked of his moving to L.A. in the 70’s to set up Marvel properties in film and tv. I informed him that Disney was bringing the Fox family of Marvel characters home, that they’d be reunited and he settled back in his chair and he smiled “Thank you for telling me that.” We talked of his working with educators in the 70’s to carry comics in libraries, how my vocabulary was improved by his writing all that jargon for all the scientists he created, Tony Stark, Reed Richards and Hank Pym. Stan expressed his love of Deadpool, especially the film. He said, “I can’t believe all the X-rated stuff he gets away with.” I told him, that’s all @vancityreynolds We talked smart ass characters and how we’re all smart asses inside. I added that there is no Deadpool without Spider Man! There was much more, but the bottom line is, July 28, 2018, Stan was in great spirits and in great care. Thank you to Jon Bollerjack and the family for bringing me up. I was deeply moved and I’m so grateful to have shared time with him. #stanlee #marvel #spiderman #deadpool #robliefeld

A post shared by RobertLiefeld (@robliefeld) on

RobertLiefeld on Instagram: “SUNDAY WITH STAN! Well, my Saturday, but your Sunday. Let’s get right to it, how great does @therealstanlee look in this photo?? He’s doing…”

www.instagram.com

 デッドプールの生みの親として知られるロバートが今回の事業統合を、なんとマーベルコミックの巨匠スタン・リーに報告。

 御年95歳のスタンに、『X-MEN』や『デッドプール』といったフォックスによるマーベル映画が、スタンが毎回カメオ出演するMCU映画と同じ仲間になることを伝えると「教えてくれてありがとう」と答えたといい、映画『デッドプール2』も気に入っていると言ったのだそう。

 そして最後にロバートが、スタンに伝えた「スパイダーマンなしのデッドプールはありえないよ」というひと言にファンは大興奮。

画像2: 買収が与えた大きな夢とは?

 今まで公開された映画では共演NGだったスパイダーマンとデッドプールだけれど、原作では、スパイダーマンが大好きなデッドプールと、デッドプールがあまり好きではないスパイダーマンの2人を主人公にした『スパイダーマン/デッドプール:ブロマンス』というコミックが登場するほど、ユニークな関係を築いている。

 コミックのクロスオーバーが映画でも反映される可能性を示唆したロバートは、ファンに大きな期待と希望を与えた。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.