米LOVEの表紙を飾ったモデルのケンダル・ジェンナーが、文字通り「パンツ一丁」になった大胆な姿を誌面で披露して話題に。

乳首を見せることに「抵抗ない」と公言

 以前、自身の公式ウェブサイトのブログで「私は乳首を解放することに抵抗はないし、クールなことだと思う」と発言して、世間の度肝を抜いたケンダル・ジェンナー(22)が、表紙を飾った米LOVEの誌面でその言葉通り「乳首」を完全解放して話題になっている。

 ※下の画像は加工処理をしてあります。元の画像がご覧になりたい方は、画像の下にあるリンクより掲載元でご確認ください。

画像: www.instagram.com
www.instagram.com

 ケンダルといえば、これまでに何度も乳首が透けて見えるようなシースルー服を着たり、乳首の部分だけ絵文字で隠した過激写真をSNSに投稿したり、日本人に比べたら露出に寛容な欧米人でさえも驚くような大胆な行動を繰り返してきたツワモノ。

画像: 乳首を見せることに「抵抗ない」と公言

 とはいえ、ケンダルがここまでさらけ出すのは今回が初めてなので、彼女のファンのなかには驚いた人も多かったよう。

 ちなみに、ケンダルは過去に「今日はおっぱいの調子が良かったから見せようと思った」という名言も残している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.