ディズニーランドで働く従業員、通称キャストの人たちを最も悩ませているお客さんの「違反行為」が判明。“夢の国”ならではのお悩みとは?(フロントロウ編集部)

“夢の国”ならではの「違反行為」

 以前、フロントロウでディズニーランドの園内で禁止されている行為のひとつとして、「遺灰を遺棄してはいけない」というちょっと変わったものがあることをお伝えしたが、じつはこの遺灰をまくという行為が、数あるお客さんの問題行動のなかで、ディズニーランドのキャストを最も悩ませている「違反行為」であることが判明した。

画像: “夢の国”ならではの「違反行為」

 世界中の人たちから愛されるディズニーランドだけに、なかには「ディズニーランドに骨をうずめたい」「死んだあともディズニーランドにいたい」と願う熱狂的なファンも少なくない。

 現役のキャストが米Wall Street Journalに語った話では、そんなディズニー愛にあふれた人たちの遺族が、大体月に1度の頻度で「遺灰をまく」という違反行為に及ぶそうで、その都度注意しても、また次から次へと同じことをする人たちが後を絶たず完全にイタチごっこだという。

 禁止されている理由は倫理的な部分が大きいが、もうひとつの理由としてここ最近世界中で多発しているテロ事件があるという。というのも、「遺灰をまく行為」が化学兵器といった何らかの危険物質をまいていると勘違いされ、パニックを引き起こしかねないから。

 ちなみに、遺灰をまく"人気スポット"はどちらも死をテーマに扱っている、「カリブの海賊」と「ホーンテッド・マンション」の2つのアトラクションだそう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.