映画『プラダを着た悪魔』でメリル・ストリープと共演した女優のエミリー・ブラントが、劇中で有名ファッション誌の編集長を演じたメリルが役作りの参考にしたのは、「米Vogueの編集長ではない」と明言。(フロントロウ編集部)

お手本にしたのはあの名物編集長ではなかった!?

 2019年2月公開の映画『メリー・ポピンズ リターンズ』で主人公のメリー・ポピンズを演じる女優のエミリー・ブラントが、映画『プラダを着た悪魔』で共演したオスカー女優のメリル・ストリープが同作品で役作りの参考にしたのは、米Vogue編集長のアナ・ウィンターではなく“別の人物”であると米NPRのインタビューで明かした。

画像: 真ん中が普段のエミリーで、左は『プラダを着た悪魔』、右は『メリー・ポピンズ リターンズ』の時のエミリー。

真ん中が普段のエミリーで、左は『プラダを着た悪魔』、右は『メリー・ポピンズ リターンズ』の時のエミリー。

 映画のもととなった同名の原作『プラダを着た悪魔』は、過去にVogueで編集長のアナのアシスタントをしていた作者のローレン・ワイズバーガーが、実体験をもとに書いたベストセラー小説である。

 作者のローレンは、物語に出てくるカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのモデルは「アナではない」と表向きには否定しているが、現実と重なる部分も多いことから、世間一般的に「ミランダ=アナ」という説が定着。そのため、ミランダを演じるにあたってメリルが役作りの参考にしたのは“アナ”であると誰もが信じきっていたのだが、エミリーはそれをあっさり否定した。

画像: お手本にしたのはあの名物編集長ではなかった!?

 「メリルはアナ・ウィンターを役作りの参考にしたわけではないけど…えっと、ちなみにこれはメリルがアナに直接伝えたことよ。メリルがお手本にしたのは、ハリウッドで働く“ある男性2人”なの。名前は伏せさせてもらうけど、私はそれが誰だか知っている」

 メリルが実際に役作りの参考にしたのは「2人の男性である」ということ以外、エミリーは多くを語らなかったが、あえて名前や職種を伏せたことを考えると、この2人の男性はメリルと同業者、つまり名前を聞いたらわかる俳優である可能性が高い。

 ちなみに、エミリーとメリルは『メリー・ポピンズ リターンズ』で“いとこ同士”という設定で再共演している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.