グラミー賞の主要4部門の1つである年間最優秀レコード賞にノミネートされたアーティストを紹介。映画のサウンドトラックのメガヒットが続いていることもあり、2019年グラミー賞の年間最優秀レコード賞では、7作品中2作品が映画のサウンドトラックからの楽曲となった。(フロントロウ編集部)

「アイ・ライク・イット」:カーディ・B、バッド・バニー、J・バルヴィン

ラッパーのカーディ・Bが、勢いの止まらないラテン系アーティストをフィーチャリングした楽曲。

画像: Cardi B, Bad Bunny & J Balvin - I Like It [Official Music Video] www.youtube.com

Cardi B, Bad Bunny & J Balvin - I Like It [Official Music Video]

www.youtube.com

「ザ・ジョーク」:ブランディ・カーライル

実力派シンガーのブランディ・カーライルがちょうど1年前にリリースしたアルバム『バイ・ザ・ウェイ・アイ・フォーギヴ・ユー』からの1曲。グラミー賞授賞式ではパフォーマンスも予定されている。

画像: Brandi Carlile - The Joke (Official Video) www.youtube.com

Brandi Carlile - The Joke (Official Video)

www.youtube.com

「ディス・イズ・アメリカ」:チャイルディッシュ・ガンビーノ

現在のアメリカ社会に潜む闇を描いた歌詞が話題を呼んだ「ディス・イズ・アメリカ」は、独創的なMVも大きな話題となった。

画像: Childish Gambino - This Is America (Official Music Video) www.youtube.com

Childish Gambino - This Is America (Official Music Video)

www.youtube.com

「ゴッズ・プラン」:ドレイク

ドレイクの大ヒットアルバム『スコーピオン』からは、音楽ストリーミングサービスのSpotifyで2018年最もストリーミングされた楽曲となった「ゴッズ・プラン」がノミネート。

画像: Drake - God's Plan www.youtube.com

Drake - God's Plan

www.youtube.com

「シャロウ」:レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー

映画『アリー/スター誕生』の主題歌「シャロウ」は、1月のゴールデン・グローブ賞での最優秀楽曲賞の受賞が記憶に新しい。

画像: Lady Gaga, Bradley Cooper - Shallow (A Star Is Born) www.youtube.com

Lady Gaga, Bradley Cooper - Shallow (A Star Is Born)

www.youtube.com

「オール・ザ・スターズ」:ケンドリック・ラマー&シザ

映画『ブラックパンサー』のサントラからノミネートされた楽曲。若手シンガーのシザと大御所ラッパーのケンドリック・ラマーのコラボが話題となった。

画像: Kendrick Lamar, SZA - All The Stars www.youtube.com

Kendrick Lamar, SZA - All The Stars

www.youtube.com

「ロックスター」:ポスト・マローン feat. 21サヴェージ

全米チャートで8週連続1位という記録を樹立した楽曲。両ラッパーとも今年がグラミー賞初ノミネートだが、1月に逮捕された21サヴェージの授賞式出席は厳しいと見られている。

画像: Post Malone - rockstar ft. 21 Savage www.youtube.com

Post Malone - rockstar ft. 21 Savage

www.youtube.com

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.