イタリアで行なわれたあるレイプ事件の裁判で、被害者の女性の容姿が理由で加害者の男2人が無罪放免になっていたことが発覚し、批判が殺到している。(フロントロウ編集部)

被害者の容姿を法廷で侮辱

 今から約4年前の2015年、当時20歳だったペルー人女性が同じくペルー人の男2人にイタリア・アンコーナでレイプされた事件で、伊裁判所が「(被害者の女性の外見が)レイプされるほど魅力的じゃない」という加害者側の主張を認め、女性の訴えを棄却していたことが発覚。

 裁判の判決が下されてからすでに2年以上が経過しているが、つい先日、伊最高裁判所がこの判決を却下&再審を命じたことで事実が公になり、国内外から批判が殺到している。

 米CNNによると、被害者の体にはレイプされた際にできた可能性が高い傷があったほか、血液からもデートレイプの際によく使用される鎮静剤が検出されるなど、レイプが事実であったことを証明する証拠が複数でてきた。

 にもかかわらず、当時裁判を担当した3人の女性裁判官は、被害にあった女性の証言を「説得力がない」と一蹴。加害者の男たちの「(被害者の女性は)レイプされるには男っぽすぎる」という理不尽な主張に同意したという。

 また、裁判の報告書などから、法廷で加害者2人のうちどちらかが、自分の携帯に被害者のことを「バイキング(Viking)」という名前で登録していたことなどを例にあげ、女性の容姿を侮辱し続けていたことも地元メディアの取材によってわかっている。

画像: デモの参加者たち。

デモの参加者たち。

 今回、これらの事実が明るみに出たことで、裁判が行われた伊アンコーナでは200人以上の人たちがデモに参加し、2年前の裁判所の判決に猛抗議。ちなみに、正当な判断をするために、再審はアンコーナとは別の州の裁判所で行なわれることが決定している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.