平成が終わりを告げ、5月1日から令和の時代が幕明けた。4月1日に新元号が発表されたときには日本中が令和フィーバーで沸いたが、じつは海外セレブのあいだでも話題になっていた!

アヴリル・ラヴィーン

書道で「令和」を書いてみる

 シンガーのアヴリル・ラヴィーンは、最新アルバム『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』のPRのために来日中に新元号が発表されたことを受けて、書道で「令和」と書いてみることに!

画像1: ©AvrilJP/Twitter

©AvrilJP/Twitter

 真剣な表情で筆をとったアヴリルは、色紙の3分の2に「令」とドドンと書き、下の空いたスペースに「和」と書いて、新元号を完成させた。

画像2: ©AvrilJP/Twitter

©AvrilJP/Twitter

メグ・ドネリー

日本語で「令和」とツイート

 EXILEファミリーであるJr.EXILEfrom PROJECT TAROのメンバーとロサンゼルスで仲良くなったことが縁で、日本語を勉強するようになった、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ゾンビーズ』のメグ・ドネリー

 日本語での読み書きや会話ができるメグは、4月1日に「# 令和 日本おめでとうございます」と日本語でツイート。2018年の初来日時に自ら日本で撮った写真を添えて新元号制定をお祝いし、親日セレブらしさをうかがわせた。

画像: ©Meg Donnelly/Twitter

©Meg Donnelly/Twitter

テイラー・スウィフト

動画メッセージでお祝い

 来日歴が10回近くに達する親日家のテイラー・スウィフトは、令和を迎えた日本にお祝いメッセージ。SNSに投稿された動画で「こんにちは。新たな時代”令和”の始まりをお祝いします。皆様、素敵なゴールデンウィークを!」と語り、10日の大型連休までお祝いしてくれた。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.