カイリー・ジェンナーが恋人でラッパーのトラヴィス・スコットへのバースデーメッセージをセレブにしかできないある“粋な方法”で伝えた。(フロントロウ編集部)

 今年3月、21歳にして総資産が1,000億円を突破し、「史上最年少でビリオネアとなった人物」となったことが米経済誌フォーブスに認定されたリアリティスターのカイリー・ジェンナー

 彼女が2017年春頃から交際している恋人で長女ストーミちゃん(1)の父親でもあるラッパーのトラヴィス・スコットの誕生日に送ったメッセ―ジが「さすが最年少ビリオネア」だと世間を感心させている。

 4月30日に27歳を迎えたトラヴィスの誕生日に先がけて、カイリーはロサンゼルスで最も交通量が多い交差点の1つにそびえ立つ特大サイズのビルボード広告をブッキング。

画像1: カイリー・ジェンナーの「夫」への誕生祝いの伝え方がさすが“最年少億万長者”

 娘ストーミちゃんの横顔と、自身とストーミちゃんが真っ白な水着姿でくつろぐ場面を写したモノクロの写真に「ハッピー・バースデー、ダディ/ラブ、マミー&ストーミ」と書かれた写真を掲載してトラヴィスへのバースデーメッセージを伝えた。

画像2: カイリー・ジェンナーの「夫」への誕生祝いの伝え方がさすが“最年少億万長者”

 フロントロウの調べによると、車社会で知られるロサンゼルスでビルボード広告を掲げるためにかかる費用は1ヵ月で100~280万円。カイリーがどれくらいの期間にわたってこの看板の設置を発注したかは不明だが、かなりのコストがかかっていることは確か。

 さらに、カイリーは、この大胆でド派手な演出にくわえ、ヒーロー好きのトラヴィスのために『アベンジャーズ』をテーマにしたバースデーパーティを主催。

 パーティー当日とシリーズ完結作『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開日が奇しくも重なったこともあり、カイリーはトラヴィスとストーミちゃんと一緒にマーベルヒーローのコスプレをしてパーティを楽しんだ。

アイアンマンになりきるトラヴィスとキャプテン・マーベルのコスプレをしたカイリー。ストーミちゃんは『マイティ・ソー』のソーに変身。

画像: パーティ会場には『アベンジャーズ』のロゴを文字ってトラヴィスの苗字「ウェブスター」の「W」にしたチョコプレートやコスプレ姿の一家を模した人形が乗ったバースデーケーキも。©Khloe Kardashian/Instagram

パーティ会場には『アベンジャーズ』のロゴを文字ってトラヴィスの苗字「ウェブスター」の「W」にしたチョコプレートやコスプレ姿の一家を模した人形が乗ったバースデーケーキも。©Khloe Kardashian/Instagram

 カイリーがこの日のために用意したバルーン装飾やケーキには「Happy Birthday Husband(ハッピーバースデー、ハズバンド(夫)」の文字が。

画像: カイリーの姉クロエ・カーダシアンが公開したパーティ会場に飾られた文字バルーン。©Khloe Kardashian/Instagram

カイリーの姉クロエ・カーダシアンが公開したパーティ会場に飾られた文字バルーン。©Khloe Kardashian/Instagram

 海外の若者の間では、結婚していなくても、親しみを込めて恋人を「ハズバンド(夫)」、「ワイフ(妻)」と呼ぶのが流行中。カイリーとトラヴィスもこれまでにも何度もお互いをそう呼び合っているのが確認されてきた。その度に婚約・結婚説が浮上している2人だけれど、最近では、あまりにも自然に呼び合っていることもあり、「本当にもうすでに結婚しているのでは? 」とウワサされている。

 愛する“夫”の誕生日にここまでできるとは、カイリーの経済力と発想力はやっぱり普通じゃない。(フロントロウ編集部)

※この記事は記載に誤りがあったため、訂正致しました。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.