ラッパーのトラヴィス・スコットが、「最愛の人」がデザインされたフーディを着用してNBAの観戦をした。(フロントロウ編集部)

 楽曲「シッコ・モード(Sicko Mode)」が大ヒットしたトラヴィス・スコットは、史上最年少のビリオネアとなったカイリー・ジェンナーの恋人としても知られており、2人の間には2月に1歳になったストーミちゃんがいる。

 そんなトラヴィスは、2019年3月に浮気疑惑が浮上。その後トラヴィスの代理人がこの疑惑を完全否定し、トラヴィスは自身のライブで、観客に向かって「何よりも家族を優先させろよ」と口にしていた。

 この騒動の数日後、浮気報道で揺れるトラヴィスが、ヒューストンで行なわれたヒューストン・ロケッツ対ゴールデンステート・ウォリアーズの試合会場に現れた。その時、トラヴィスが着用していたフーディに注目。

 なんとこの日トラヴィスが着用していたのは、最愛の女性であるカイリーの姿がプリントされたフーディ。

 このフーディは、過去にカイリーのショップである「ザ・カイリー・ショップ(The Kylie Shop)」で販売されていたアイテムで、現在は売られていない。トラヴィスは愛する女性、カイリーのフーディを着用して、全身でカイリーへの愛を表現した。

 ちなみにトラヴィスの浮気騒動が報じられて以降、カイリーはSNSでトラヴィスに関連する投稿をしていない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.