大ヒット公開中のマーベルMCU映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』にキャプテン・アメリカ役で出演する俳優のクリス・エヴァンスが、撮影中にちゃっかり「あのルール」を破っていたことが発覚した。(フロントロウ編集部)

※この記事は『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれます

ネタバレがついに「解禁」される

 公開からわずか2週間足らずで全世界の興行収入が2,400億円を突破した、マーベルMCU映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』

 日本でも記録的なヒットを見せている本作は、シリーズの集大成となる最終章ということもあり、ネタバレに関してかなり厳格なルールが設けられていたことで知られ、撮影中もキャストたちには緘口令が敷かれ、完成前に作品の結末を知っていた出演者はたった1人だけという徹底ぶりだった。

画像: Photo:ニュースコム

Photo:ニュースコム

 監督を務めたアンソニー・ルッソとジョー・ルッソも、映画公開前にファンに向けて「ネタバレしないで」と“最後のお願い”をしていたが、ここにきて状況が一変。

 先日新たに公開されたMCUシリーズ最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の最新の予告映像に、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれてしまっていることや、映画公開から約2週間が経過したことをうけて、ついにネタバレが解禁となった。

※この記事は『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれます


「撮影禁止」のルール違反を犯す

 そんななか、キャプテン・アメリカ役で『アベンジャーズ/エンドゲーム』に出演する俳優のクリス・エヴァンスが、監督から“ネタバレ解禁”のゴーサインが出たことをうけて、さっそく舞台裏の様子を撮影した動画をツイッターで公開。

 アベンジャーズのほぼ全員が大集結する映画のクライマックスシーンの撮影風景を、ルールを破って隠し撮りした動画には、ソー役のクリス・ヘムズワース、スパイダーマン役のトム・ホランド、アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr、ハルク役のマーク・ラファロ、ブラック・パンサー役のチャドウィック・ボーズマンといった、お馴染みの面々の姿が。

 動画を見て気づいた人も多いと思うが、今回、クリスが公開した動画は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの主人公クィル(スターロード)を演じる俳優のクリス・プラットが、ネタバレ解禁前にリスクを冒して公開した動画に映っていたのと同じシーンの撮影現場。

 上の動画の中でクリス(・プラット)のことを「大変なことになるぞ」と茶化していたクリス(・エヴァンス)だったが、「動画を撮影していたのは僕だけじゃなかった」と、じつは自分もルールを破ってちゃっかり隠し撮りしていたことを暴露した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.