前作『トイ・ストーリー3』から約9年の時を経て復活する『トイ・ストーリー4』の新予告編に、なかなかクレイジーな新キャラクターが登場した。(フロントロウ編集部)

 7月21日に全国で公開予定の『トイ・ストーリー4』では、お馴染みの主人公ウッディやバズ・ライトイヤーなどが再登場。ほかにも、『トイ・ストーリー』の1と2に登場したスカート姿が特徴的だった羊飼いのボー・ピープは、パンツ姿でリーダシップ溢れる力強い女性に変身を遂げて登場し、『トイ・ストーリー4』からの新キャラクターであるフォーキーが物語で重要な役割を果たす。

 多くのキャラクターが登場するなか、大注目を集めている『トイ・ストーリー4』の新キャラクターがいる。それは、俳優のキアヌ・リーブスが声優を務めたデューク・カブーン(Duke Caboom)。

画像1: 『トイ・ストーリー4』予告編にキアヌ・リーブスのキャラが登場、「V字開脚」を披露

 以前公開された予告編では、デューク・カブーンはたった2秒ほどの登場で、そのキャラクターがどのような性格かは分からずじまい。しかし、つい先日公開された新予告編で、ついにデュークがしっかりと登場した。なかなか破天荒そうであることが発覚したデュークの姿に笑える予告編がこちら。

デューク・カブーンの登場は動画1分ごろから

 新しい予告編のなかでは、家から飛び出して行ってしまったフォーキーを探しているウッディにボー・ピープが「良い人がいるの」と言ってデュークを紹介。デュークが、「俺はカナダで1番のスタントマンさ」と自己紹介しているところから、これまで謎に包まれていた彼の正体がついに判明した。しかし、そのスタントスキルを見せびらかしたいデュークにウッディはあきれ顔。

画像2: 『トイ・ストーリー4』予告編にキアヌ・リーブスのキャラが登場、「V字開脚」を披露

 キアヌはこれまでアクション映画への出演が多いことから、彼が声優を務めたデューク・カブーンがスタントマンであることに、ファンからは納得の声が多く挙がっている。

 ちなみに、キアヌは『トイ・ストーリー4』での声優挑戦について、「アドリブみたいなかんじで自由にやれた」と語っていた。

 新しいキャラクターたちの演技にも大注目の『トイ・ストーリー4』は、7月21日に全国ロードショー。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.