Photo:ゲッティイメージズ、ニュースコム、Instagram
先日ミコノス島を訪れバケーションを楽しんでいたモデルのジジ・ハディッドとベラ・ハディッド姉妹が強盗の被害にあっていたことがわかった。(フロントロウ編集部)

休暇先で強盗被害

 あらゆるブランドから引っ張りだこのモデル姉妹、ジジ・ハディッドベラ・ハディッドが、異母姉妹であるアラナ・ハディッドの誕生日をお祝いするため、友人らと共に8月上旬にギリシャのミコノス島を訪問

 ミコノス島ではハディッド姉妹が水着のまま海辺でプロレスするなど、仲睦まじい姿を見せ、つかの間のオフを楽しんでいた。しかしその裏では、ある悲劇に見舞われていたことが明らかに。

画像: 休暇先で強盗被害

 それは、強盗被害。

 2人は身体的な被害は受けていないものの、全員が留守の間を見計らって強盗は宿泊先に置いていたジュエリーや服、サングラスなどを盗んでいた。また、通報するも宿泊先にいたスタッフたちが自由に行き来できたため内部の犯行を疑われ、すぐに警察が駆けつけてくれなかったという。

 ジジは自身のインスタグラムのサブアカウントを更新して、ミコノス島で撮影した写真をアップし、「強盗にあったの。ここには二度と戻らないわ(笑)オススメもしない。他の場所でお金を使った方がいいわ」と皮肉にもとれる言い方で被害にあったことを告白。

 楽しい夏休みだったはずが、ジジたちは滞在期間を短くしてプライベートジェットで帰国したようで、今回の強盗事件について父モハメド・ハディッドは「ジジはとても傷ついているよ」と米TMZに明かした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.