ブラッド・ピットは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で共演したレオナルド・ディカプリオの“ある演技”を楽しんだそう。(フロントロウ編集部)

初共演のブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオ

 クエンティン・タランティーノ監督の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、ハリウッドきっての大人気俳優ブラッド・ピットレオナルド・ディカプリオが初共演したことで注目を集めている。

画像: 初共演のブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオ

 ブラッドは、「彼は良い奴だよ。接近禁止命令が解かれてよかったよ、やっと一緒に働けたからね」と米Entertainment Tonightのインタビューで、長年共演が実現しなかったことを笑いのネタにしてみせた。

 もちろんレオナルドとの共演は楽しかったようで「レオは最高だよ」と話したブラッド。とくにレオの演技で気に入ったものがあるそう。

「レオの演じたキャラクターは面白いんだ。レオは、最高のかんしゃくを見せたね」

 今作でレオナルドが演じるのは、落ち目の役者リック・ダルトン。ブラッドが演じるリックのスタントマンで親友のクリス・ブースはいつでも自分らしさを失わないのに対して、リックは焦る日々を送る。

 そんなブラッドの役とは対照的なキャラクターを演じたレオナルドの「かんしゃく」を、ブラッドは楽しんだという。

 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、現在全国公開中。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.