ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーが、Netflixのオリジナルドラマ『13の理由』のサウンドトラックの収録曲「Teeth」をリリース。(フロントロウ編集部)

5SOS史上最もロックな新曲って?

 人気バンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーが、新曲「Teeth(ティース)」をリリース。ミュージックビデオも公開された。

画像1: 5SOS史上最もロックな新曲って?

 同ミュージックビデオでメンバーは、歯科医院のような怪しげな実験室で、悲惨な幻覚を見るという独特な世界観を演出。

 ロックとニューメタルがミックスされた楽曲で、不吉なサウンドが特徴的な同曲。「激しいケンカをしても君の愛はとても甘く、きれいごとを口にしても君の心には牙がある/真夜中の悪魔よ、その手で僕を捕まえて/そして絶対、絶対、絶対、絶対に離さないで」という複雑な愛を彷彿とさせるダークな歌詞は、リードボーカルのルーク・ヘミングスの実体験をもとに書かれたという。

画像2: 5SOS史上最もロックな新曲って?

 本人たちが、バンド史上最もロックな曲と話す楽曲「Teeth」は、8月23日に配信開始となるNetflixのオリジナルドラマ『13の理由』シーズン3のサウンドトラックに収録。また、今年5月にリリースされた楽曲「Easier(イージアー)」と共に、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの次のアルバムに収録予定。

画像3: 5SOS史上最もロックな新曲って?

 「Teeth」のミュージックビデオはこちらから。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.