ジャスティン・ビーバーが妻ヘイリー・ビーバーとの挙式場所に選んだのは、「第2の家」と呼ぶほど大好きなあの場所。(フロントロウ編集部)

「第2の家」で挙式へ

 これまで3度も結婚式を延期してきたものの、ついに 9月の結婚1周年記念日周辺に挙式すると報じられているシンガーのジャスティン・ビーバー&モデルのヘイリー・ビーバー(旧姓:ヘイリー・ボールドウィン)夫妻。

 ヘイリーが主導となり計画を練っているというウェディングの内情について知る人物が、米Peopleに式場となる場所について明かした。

 この関係者いわく、ジャスティンとヘイリーがウェディング・パーティーの舞台に選んだのは米サウスカロライナ州にある緑に囲まれたラグジュアリー・リゾート・ホテル「モンタージュ・パルメット・ブラフ」。都会の喧騒から逃れ、自然豊かな場所でアットホームな結婚式を挙げられる会場として若いカップルにも人気となっている。

 湖に面した趣のあるホテルの広大な敷地内には、ゴルフコースやサイクリングロード、そしてキリスト教の宗教的な儀式を執り行うことで“正式な夫婦”となることを望んできたジャスティンとヘイリーにとっては、非常に大切なポイントとなる、美しいチャペルも備わっている。

 高級ホテルチェーンのモンタージュと言えば、世界中の高級ホテルを泊まり歩いてきたジャスティンが指名する御用達ホテル。ジャスティンはカリフォルニア州ラグナビーチにあるモンタージュ・ラグナビーチやビバリーヒルズにあるモンタージュ・ビバリーヒルズなどにも長期滞在していたことがある。

 そんなモンタージュ系列のホテルを式場に選んだことについて、関係者はこう語っている。

「モンタージュはジャスティンにとって第2の家のような場所です。静かな時間を過ごしたいときには何度もモンタージュに避難していましたよ。ジャスティンもヘイリーもモンタージュ・パルメット・ブラフをとても気に入っています」

 米TMZが入手した2人の結婚式の招待状によると、挙式日は9月30日となっており、会場については明記されていないものの「サウスカロライナ」と記載が。

 2人は結婚式の詳細について、できるだけ秘密にしているというが、ヘイリーは、以前米The Cutとのインタビューで理想のウェディングについて「照明がたくさん釣り下がっている光景が目に浮かぶわ。森に囲まれた結婚式も美しいでしょうね。姉にブライズメイドをお願いしてあるの。彼女の式の時には私がやったから。ジャスティンの妹にフラワーガールをお願いするかもね」と希望に胸を膨らませていただけに、ロマンチックでアットホームなものとなりそう。

 結婚式と結婚記念日のお祝いを兼ねたイベントとなるというジャスティンとヘイリーのウェディング。2人の晴れ姿を見る日が楽しみ。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.