ディズニーの実写版映画『リトル・マーメイド』のエリック王子役を打診されながらもオファーを辞退したハリー・スタイルズが、同作への出演を見送った理由を明かした。(フロントロウ編集部)

出演を断った理由

 ハリー・スタイルズは、所属するボーイズグループ、ワン・ダイレクションが無期限の活動休止に入って以来、名匠クリストファー・ノーラン監督が手がけた戦争映画『ダンケルク』に出演するなど、ソロシンガーとしてのキャリアと並行して俳優業にもチャレンジしてきた。

 実力と人気を評価されたハリーのもとには、ヒロインのアリエル役が黒人の血を引く若手シンガーのハリー・ベイリーに決まったことで物議を醸したディズニーの名作アニメ『リトル・マーメイド』の実写化作品に、アリエルの相手役となるエリック王子役で出演してほしいとのオファーが舞い込んだのだが、ハリーは、なぜかこれを丁重に辞退

画像: アリエル役に抜擢されたハリー・ベイリー。©DISNEY /Album/Newscom

アリエル役に抜擢されたハリー・ベイリー。©DISNEY /Album/Newscom

 ハリーの出演辞退が発表される前日に、「ハリーがエリック王子役に決定した」という誤報がフライングで伝えられたこともあり、世間からは落胆の声が漏れた。

 そんななか、英カルチャー雑誌The Faceの表紙を飾ったハリーが、同誌に掲載されたインタビューの中で、エリック王子役を断った理由に言及。

ハリーが登場したThe Faceからの1枚。

 「たくさん話し合った結果だよ。僕は音楽を世に送り出したいし、しばらくは音楽活動に専念しようと思ってる」と、当分の間は音楽に全力を注ぎたいため、演技の仕事は断る事にしたと明かしたハリーは、「でも、(『リトル・マーメイド』の制作に携わる)皆さんは本当に素晴らしい人ばかりだし、絶対に素敵な作品になると思う。僕もきっと、観たらすごく楽しめると思う」と、自身は出演しないものの、作品自体は素晴らしいプロジェクトだと念押しした。

 『リトル・マーメイド』のエリック王子役は、現時点ではキャスティングが発表されておらず、制作陣は未だ適任の俳優を探すために奔走している状況のよう。

 つい先日は、以前、ツイッター上で「ハリー・スタイルズが断ったなら僕が…」と立候補したNetflixの人気ドラマ『13の理由』の俳優クリスチャン・ナヴァロが、ディズニーから声がかかり、オーディションを受けたことを報告していた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.