世界的ロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズでベーシストを務めるフリーが、エンゼルスの大谷翔平と隣同士の席で、八村塁が出場したウィザーズ対レイカーズ戦を真剣な眼差しで観戦する様子を激写。(フロントロウ編集部)

観客席にはあのオスカー俳優の姿も

 日本で“レッチリ”の愛称で親しまれるレッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストで、熱狂的なレイカーズファンで知られるフリーが、今年10月に結婚したばかりの新妻メロディーを伴って、米現地時間11月29日にロサンゼルスのステイプルズセンターで行なわれた、NBAのワシントン・ウィザーズ対ロサンゼルス・レイカーズ戦に熱視線を注ぐ様子をカメラがとらえた。

画像1: 観客席にはあのオスカー俳優の姿も

 説明するまでもないが、ウィザーズは、日本人として初めてNBAのドラフトで1巡目指名を受けた八村塁が所属するチームとして知られる。

画像2: 観客席にはあのオスカー俳優の姿も

 パパラッチが撮影した上の写真では、ちょうど頭の部分がカットされてしまっていてわからないが、この時、フリーの左隣には日本が世界に誇るあの野球界のスーパースターが座っていた。

 その人物とは、ロサンゼルス郊外のアナハイムを本拠地にするMLBチーム、ロサンゼルス・エンゼルスで活躍する大谷翔平。別の角度から撮影された写真を見ると、フリーのとなりにしっかりと大谷翔平の姿が写っていた。

画像: twitter.com
twitter.com

 つい先日、フロントロウでお伝えしたが、じつはこの試合には2018年に全世界で大ヒットを記録した映画『ボヘミアン・ラプソディ』でクイーンのボーカル、故フレディ・マーキュリーを演じてアカデミー賞を受賞した俳優のラミ・マレックと、本作の共演者で恋人のルーシー・ボイントンの姿も。

画像: ロサンゼルス生まれ&ロサンゼルス育ちのラミは、当然地元を代表するチームであるレイカーズファン。

ロサンゼルス生まれ&ロサンゼルス育ちのラミは、当然地元を代表するチームであるレイカーズファン。

 試合中、ラミ、ルーシー、そして八村塁の3人が偶然1枚の写真に収まるという、奇跡のスリーショットも実現した。

 ちなみに、日米のスターが見守るなか行なわれた試合は、「キング」の愛称で知られるレブロン・ジェームズ率いるレイカーズが、103-125で八村塁が所属するウィザーズに勝利を収めた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.