シンガーのビリー・アイリッシュと韓国ボーイズグループ防弾少年団(BTS)が、ついにご対面。公開された集合写真が、ネットを騒がせている。(フロントロウ編集部)

ビリーとBTSがご対面!

 2019年3月にデビューアルバム『WhenWe All Fall Asleep, Where Do We Go?』をリリースし、瞬く間にスターダムを駆け上がったシンガーのビリー・アイリッシュ。爆発的な人気を誇るビリーが、米Varietyが選ぶ、2019年に音楽界を盛り上げたアーティストが集うイベントに姿を現した。

画像: ビリーとBTSがご対面!

 7日ロサンゼルスで開催されたイベントには、ラッパーのリル・ナズ・Xやシンガーのケイシー・マスグレイヴスら、今年活躍したアーティストが多く出席。そんななか、韓国のボーイズグループの防弾少年団(BTS)が登場し、ビリーと待望のご対面を果たした。

 現在世界の音楽チャートを賑わせる2組のアーティストによる、豪華グループショットがこちら。

画像: twitter.com
twitter.com

 写真撮影が終わると、メンバー一人ひとりと目を合わせて挨拶するビリー。

 そんななか、ビリーとBTSが対面する様子にネットが大騒ぎ。その理由は、ビリーとBTSの身長差。身長161センチのビリーが、平均身長約178センチのBTSメンバーに囲まれている姿を見て、多くのファンがビリーに自己投影。「私がBTSの横に並んだらこんな感じ」と、身長差を想像するツイートで溢れている。

 思わぬところで話題を呼んだビリーとBTSのグループショットだけれど、ザワつかせたのは身長差だけではない。今回Varietyが集合写真と共に投稿した、「さあ、これこそ私たちが支持しているコラボ」と書き込んだツイートをBTSの公式アカウントがリツイートしたことで、2組のコラボ説が加熱し、ファンをザワつかせている。

 ちなみにこれまでビリーとBTSは、互いにインタビューなどでコラボについて言及するなど、前向きな姿勢を見せている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.