俳優のゼンデイヤが、2019年5月に開催されたファッションの祭典METガラで着用し、話題を呼んだ「シンデレラドレス」を振り返った。(フロントロウ編集部)

ゼンデイヤが思っていたことって?

 ディズニー・チャンネルのテレビドラマ『シェキラ!』のロッキー役でブレイクを果たし、その後主演を務めたドラマ『ティーン・スパイ K.C.』が最終回を迎え、2018年に“ディズニー・チャンネル・スター”から事実上の引退を果たした俳優のゼンデイヤ

画像1: ゼンデイヤが思っていたことって?

 現在は映画『スパイダーマン』シリーズや『グレイテスト・ショーマン』、HBOドラマ『ユーフォリア』など、数々の話題作に出演するゼンデイヤは、今年5月、ファッションの祭典メットガラにシンデレラのドレスを着て登場。ゼンデイヤをエスコートしたスタイリストが彼女に魔法の杖を振りかざすとドレスが光り輝く粋な演出を見せ、世界中の視線を奪った。

画像2: ゼンデイヤが思っていたことって?

 『シンデレラ』のワンシーンに、自身のディズニー・チャンネル時代という“魔法”が解けるシチュエーションを重ねるシャレた演出を選んだゼンデイヤは、豪GQのインタビューで当時を振り返り、その時の心境についてこう話した。

「間違いが起きてしまう可能性もあったの。会場を歩き終わって、やるべきことを全てやったけど、超熱かった!(ドレスの中に入っていた)電池と金属がめちゃくちゃ高温になって、『これ脱がなきゃ!危ない!』って考えてた」

画像3: ゼンデイヤが思っていたことって?

 メットガラという大舞台で、ファッションを通してディズニー・チャンネルへのお別れを告げたゼンデイヤ。涼しい表情で名シーンを再現していたゼンデイヤだけれど、内心は気が気ではなかったことを告白。しかし、プロ根性でなんとか乗り切り、大成功を収めたよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.