28歳(2018年)

2017年11月にリリースした6枚目のアルバム『レピュテーション』を引っさげて世界各都市のスタジアムを巡る「レピュテーション・スタジアム・ツアー」を敢行し、米音楽史上最高額となる2.6億ドル(約288億円)という興行収入を記録。『レピュテーション』は、ラッパーのカニエ・ウェストとその妻のキム・カーダシアンとのバトルが激化したことなどを受け、彼女が経験した世間からの壮絶なバッシングをバネに制作された楽曲がラインナップしたこれまでとは一線を画す1作。衣装やステージにもブラックや「嫌われ者」や「裏切り者」を意味するヘビのモチーフを多用するなど、ダークな世界観が表現された。この年の11月末をもって、テイラーはユニバーサルミュージック・グループ(UMG)傘下のリパブリック・レコードと移籍した。
記事本文に戻る

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.