30歳(2019年~2020年)

スクーターと前所属レーベルCEOのスコット・ボーチェッタとのバトルは未だ収束の気配を見せず。しかし、テイラーは、後に続くアーティストたちのためにも、楽曲制作者が原盤権を手にするのがあたりまえとなるよう主張を続けている。
2020年には、出演映画『キャッツ』が1月24日に日本公開となるほか、アーティストとして女性としての転換期を追ったドキュメンタリー映画が公開予定。夏以降には、これまでのツアーとは異なる、フェス形式でのライブ『ラヴァー・フェスト』の開催を予定している。そして、ビッグマシン・レコーズとの契約通り、11月以降には、2018年以前にリリースした過去の楽曲の原盤権を取り戻すべく、すべての楽曲の再レコーディングを行なうことも計画している。
記事本文に戻る

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.