美容や健康のためにどんな運動をしようか考えている人は多いと思うけれど、食事をするタイミングついて考えてみたことはある? じつは運動前の食事に、ダイエット成功のカギがあるよう。専門家が教えるその食事をチェック。(フロントロウ編集部)

専門家が教える、ダイエット効果を上げる食べ方

 ダイエットのために運動を始めると、一緒に普段の食事を見直す人も多いはず。その結果、空腹の状態で運動をした経験がある人もいるのでは? ダイエット効果が上がりそうな気がするけれど、専門家いわくそれは間違いだという。

画像: 専門家が教える、ダイエット効果を上げる食べ方

 健康と栄養の専門家であるノーラ・トービンは、「多くの女性は、ハードな運動と食欲を我慢することがダイエット成功の近道だと思っている」と話し、さらに「理想の体に近づくためには、定期的な運動習慣と、運動をする前の栄養補給、運動をした後の休息を組み合わせて行なうことが大切なの」と米メディアShapeでアドバイス。我慢と空腹がダイエット法の正解ではないと話した。

運動前に「食べる」のがダイエット成功への近道!

 ノーラによると、空腹で運動をすると、体はエネルギー不足でサバイバル状態となり、筋肉の中にあるタンパク質からエネルギーを得ようとするそう。そのため筋肉が減り、熱量を作ってくれる筋肉が減ることで代謝が悪化。脂肪を燃焼する力が弱まり、せっかく運動しても思うように効果が出ないという、悪いサイクルに入ってしまうという。

画像: 運動前に「食べる」のがダイエット成功への近道!

 ノーラは効率的なダイエットについて、「もっとはやく痩せるには?もっと多くのカロリーを消費するには?という質問をよくされるけれど、ワークアウトの効果を最大限に生かすには、適切なタイミングでの適切な食事がもっとも大切」と、正しく食べることが近道だと説明。

運動前にオススメの食べ物は?

 運動前に取る食べ物について、ノーラがオススメするのは「タンパク質」や「炭水化物」。とくに、小麦製品や穀類、豆類、根菜類などの「複合炭水化物」は、体への吸収が遅いため、運動中にゆっくりと持続してエネルギーになってくれるという。

画像: 運動前にオススメの食べ物は?

 ちなみに、食事は運動する1~3時間前までが適切で、15~30分前の場合は消化の良いものを少しだけ食べるのがオススメ。ダイエットに運動を取り入れるときは、最適な食事も心がけてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.