レオナルド・ディカプリオが、完全プライベートで訪れたパーティーで、主演映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の劇中で見せた味のあるダンスシーンにも負けない「陽気なダンス」を披露する様子が目撃された。(フロントロウ編集部)

陽気なダンスでフィーバー

 主演映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(略して『ワンハリ』)が第77回アカデミー賞の5部門にノミネートされたレオナルド・ディカプリオが、同作の名シーンさながらの、絶妙なダンスを披露する姿が激撮された。

 名匠クエンティン・タランティーノ監督とタッグを組み、俳優のブラッド・ピットとダブル主演を果たした同作で、落ち目のハリウッド俳優リック・ダルトンをコミカルに演じて高評価を得たレオナルド。

画像: レオナルドは同作で第77回アカデミー賞の映画の部、コメディ/ミュージカル部門の主演男優賞にノミネートを果たした。ⒸSony Pictures Entertainment/Heyday Films/Visiona Romantica / Album/Newscom

レオナルドは同作で第77回アカデミー賞の映画の部、コメディ/ミュージカル部門の主演男優賞にノミネートを果たした。ⒸSony Pictures Entertainment/Heyday Films/Visiona Romantica / Album/Newscom

 劇中には、彼が演じるリックがバックダンサーを従えて、ちょっとギクシャクした味のあるダンスを披露するシーンが登場するが、レオナルドは、プライベートでも、このダンスシーンに負けない、ちょっとクスッと来てしまうダンスを繰り出していた。

 レオナルドは、ビヨンセ&ジェイ・Z夫妻やカニエ・ウェスト、スヌープ・ドッグやポスト・マローン、カーディ・B&オフセット夫妻といった人気ラッパーたちのほか、ザ・ウィークエンドやファレル・ウィリアムズ、リゾといったヒップホップ界を牽引する豪華アーティストたちが駆けつけた、音楽プロデューサーのディディことショーン・コムズのバースデーに、交際中の23歳年下のモデル兼女優カミラ・モローネを同伴して参加。

 超満員のダンスフロアで、ほかのゲストたちに交じり、生演奏の音楽に合わせてノリノリの様子で自己流ダンスを披露するレオナルドの姿がパーティー参加者のカメラに収められた。

 映像の序盤に映る、黒いジャケットに黒いベースボールキャップを被り、重心を低くしてビートに乗るレオナルドの様子に注目して欲しい。

 映画のプレミアやアワードなどでは、つねにクールに振る舞っているものの、じつはクラブ好きで夜遊びも大好きなことで知られるレオナルド。それだけに、途中途中でカミラにちょっかいを出しているようにも見える彼のダンスからは、遊び慣れた、ちょっとしたチャラさも感じられる。

 『ワンハリ』の劇中では、ツイストを交えた、オジサン風のダンスがいい味を出していたが、ヒップホップに合わせて陽気に踊るレオナルドのダンスも、また違った風合いで、いい味を出していた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.