レオナルド・ディカプリオが明かした「近況」に、ブラッド・ピットが素直な反応を示した。(フロントロウ編集部)

レオが感じる「最近の変化」にブラッドが嫉妬

 第77回ゴールデン・グローブ賞で最多3冠に輝いた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』では、ブラッド・ピットレオナルド・ディカプリオという豪華共演が実現した。

画像1: レオが感じる「最近の変化」にブラッドが嫉妬

 ゴールデン・グローブ賞で助演男優賞を受賞したブラッドが壇上からレオナルドをイジるほど仲の良い2人は、ポッドキャスト『WTF(原題)』に一緒に出演。ハリウッドの最前線で何十年にもわたり活躍してきた2人は、自分たちの“人気”について話し始めた。

 映画『タイタニック』で一気に大人気俳優となったレオナルドによると、若い時にはパパラッチに追われていたそうだけれど、最近ではそこまで注目されなくなったという。「(パパラッチから)より逃げられるようになってるよ。それは最高だね。外も歩けるし」とレオナルドが話すと、ブラッドは…?

「今それを聞くと、少しムッとしちゃうな」

画像2: レオが感じる「最近の変化」にブラッドが嫉妬

 ブラッドがこう反応するのも仕方ない。というもの、ブラッドは2016年にアンジェリーナと離婚して以降、友人女性と出かけるだけで交際のウワサが立ってきたから。

 ゴールデン・グローブ賞の授賞スピーチでも、「母を連れてきたかったけど、出来ませんでした。誰かの隣に立つだけで、デートしていると言われてしまいますからね。それは気まずいでしょう」と皮肉たっぷりに語っていたブラッド。

 「俺はゴシップ誌の餌食ってかんじだよな。なんだろう。(ムッとしちゃうのは)自分の私生活の悲劇のせいかな」と語るブラッドに、司会者のマーク・マロンがパパラッチ対策について聞いたものの、ブラッドもレオナルドも変装も影武者も意味がないと苦笑いしていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.