シンガーのジャスティン・ビーバーが、犬猿の仲で知られる同じくシンガーのテイラー・スウィフトにジムから追い出されたという情報を入手。果たして真相は?(フロントロウ編集部)

ジャスティンとテイラーのあいだに一体何が?

 先日、待望のニューシングル「ヤミー(Yummy)」をリリースしたシンガーのジャスティン・ビーバーが、お世辞にもあまり仲が良いとは言えないテイラー・スウィフトにジムから追い出されるという、ちょっとしたハプニングがあった。 

 場所はウェストハリウッドにあるセレブに人気のジム「ドッグパウンド ジム(Dogpound Gym)」で、米TMZによると、たまたまテイラーが貸し切りでプライベートレッスンの予約をしていた時間と、ジャスティンが予約なしでフラっとジムに立ち寄った時間がかぶってしまい、ジャスティンはその日のトレーニングを終わらせる前に、ジムから強制退去させられてしまったという。

 もちろんテイラーはジャスティンがジムに来ることは知らず、ジャスティンも貸し切りで予約を入れていた客がテイラーだとは知らなかったそう。

 ご存じの方も多いと思うが、テイラーとジャスティンは、2019年7月にジャスティンの恩師でマネージャーのスクーター・ブラウンが、テイラーがかつて所属していたレコードレーベルを買収したことがきっかけで関係が悪化。以前からジャスティンの言動に思うところがあったテイラーは、この件をきっかけにジャスティンへの嫌悪感を露わに。一方のジャスティンも、テイラーに謝罪して歩み寄る姿勢を見せたかと思ったら、急にからかうような行動を取ったり、なんとも微妙な態度を示している。

 今回の件については、テイラーが意図してジャスティンを追い出したわけではないが、行っているジムが同じだったせいでこのようなトラブルが起きてしまった模様。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.