覆面アーティストのバンクシー(Banksy)がバレンタインデーに合わせて制作した最新の壁画が何者かにより台無しにされてしまった。このことについて、バンクシー本人が「むしろ喜んでいる」理由とは? (フロントロウ編集部)

新作が落書き被害に

 正体不明で神出鬼没のミステリアスな芸術家として知られるアーティストのバンクシー(Banksy)。

 イギリスを本拠地としつつ、世界中のストリートなどに社会風刺的な壁画などを残し、過去には作品が約13億円で購入されたこともある彼が、2月14日のバレンタインに合わせてお披露目したのが、故郷ブリストルの民家の壁に描いた意味深なこちらの作品。

画像1: 新作が落書き被害に

 Y字型のパチンコを持った少女が壁に向かって何かを打ちつけ、破裂した様子を真っ赤なバラなどの造花によって描かれたこのアートは、バレンタインデーの前日にバンクシーが若き日に腕を磨いたバートン・ヒル地区マーシュ・レーンにて発見。同地区は公的費用削減などの煽りを受け、最も貧しいエリアの1つだと言われている。

 故郷への愛を独自に表現したとも解釈され、世界中の注目を集めたバンクシーのこの新作は、なんとも残念なことに、出現から48時間あまりにして、何者かに汚損されてしまった。

画像2: 新作が落書き被害に

 パチンコを持つ少女の絵の上には、ピンク色のスプレー缶ペイントで「BCC・・・」と後半が判読不能な文字が落書きされ、さらにその横には、不格好なハート形が描き足された。

画像3: 新作が落書き被害に

「むしろ嬉しい」

 自身の新作が台無しにされてしまったことを受け、バンクシーはインスタグラムを更新。この作品の下絵となったスケッチをいくつも公開し、こんなコメントで、じつは作品の出来に100パーセント満足していたわけではなかったことを明かした。

「バートン・ヒルの作品が破壊されたことは、むしろ嬉しい。最初のスケッチのほうがずっと良かったからね」

 試作として書いたスケッチのほうが、実物よりも優れていたと明かし、作品が汚損されてしまったことをポジティブにとらえたバンクシー。

 彼の飄々とした態度に、多くのファンたちは、より一層カリスマ性を感じずにいられないようで、作品が汚されてしまったことを惜しむ声と並行して「いつも通り、すばらしい姿勢だね」、「アートというものは、いつか破壊されてしまうもの」、「まさに生ける伝説だ」といったコメントが続々と寄せられている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.