デビッド・ベッカムが20年以上前に手にした「電車の切符」を今でも大切に保管している理由がザ・ロマンチスト。(フロントロウ編集部)

23年前の「使用済み切符」を大切にしている

 サッカー元イングランド代表キャプテンのデビッド・ベッカムと妻でデザイナーのヴィクトリア・ベッカムは、今年で21年目を迎えるセレブ界きってのおしどり夫婦。

 3男1女をもうけた2人は、相変わらずラブラブなことで知られているが、愛妻ヴィクトリアとの出会いについて、デビッドが最近出演した米人気トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』で振り返った。

画像: 23年前の「使用済み切符」を大切にしている

 1997年、マンチェスター・ユナイテッドFCのスター選手として活躍していたデビッド。彼が後の妻となるヴィクトリアと初めて出会ったのは、当時、一世を風靡していたガールズグループ、スパイス・ガールズの一員だった彼女が、メンバーやマネージャーたちとともに自身が出場した試合を観戦に訪れたときだった。

 ロンドンで行なわれたこの日の試合では、残念ながら、ヴィクトリアと話すチャンスはなかったものの、以前から“ポッシュ・スパイス”の愛称でグループのセクシー担当として活躍していた彼女のファンだったというデビッドは、その翌週、再びヴィクトリアがマンチェスター・ユナイテッドFCの試合を観戦しに訪れた際、思い切ってヴィクトリアにアプローチしてみることに。 

画像: 1997年のクリスマスイブに撮影されたまだ初々しいデビッドとヴィクトリアのツーショット。

1997年のクリスマスイブに撮影されたまだ初々しいデビッドとヴィクトリアのツーショット。

 選手用ラウンジで約1時間ほどヴィクトリアと話をしたデビッドは、意を決して、彼女の電話番号を聞いた。

 すると、その日、電車を使って移動していたヴィクトリアが、自分のポケットに入っていた使用済みの切符を取り出し、電話番号を書いて渡してくれたという。

 この時のエピソードについて、「彼女はちょっとお酒も飲んでいたしね、だから『電話番号を聞かない手はない』って思って」とお茶目に語ったデビッドは、その時、ヴィクトリアに手渡された思い出の切符について「今でも持っているよ」と大切に保管してあることを明かした。

画像: 憧れカップルと注目され、おそろい風ファッションも話題になったデビッド&ヴィクトリア。写真は2003年のMTVムービー・アワードにて。

憧れカップルと注目され、おそろい風ファッションも話題になったデビッド&ヴィクトリア。写真は2003年のMTVムービー・アワードにて。

 その後、1998年に婚約し、翌年の1999年にゴールインしたデビッドとヴィクトリア。以来、子供たちの親として、人生のパートナーとして、理想の関係を築いている2人は、2018年に離婚報道が出た際には、「まったくのナンセンス」、「バカバカしすぎて、屈辱的な単なる時間のムダ」とキレ気味に一蹴したことも記憶に新しい。

 デビッドとの20年以上にわたって円満な結婚生活を続けている秘訣について、ヴィクトリアは、「私たちにとっては子供が最優先。すべては子供が中心に回っているわ。でも、私と彼は、自分たちがやっている仕事も愛していて、全力投球してる。お互いに支え合ってる。私たちはまず、お互いを見つけられたことがすごくラッキー。そして、一緒に成長できることもね」と、親としての役割を果たしつつ、お互いに家庭以外に打ち込める事があり、それをサポートし合うことで、上手くバランスが取れていると米Todayとのインタビューで語っている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.