ケンダル・ジェンナーが、珍しく過去の恋愛について思いを語った。(フロントロウ編集部)

ケンダル・ジェンナーが恋愛で学んだこと

 2017年・2018年と2年連続で最も稼ぐモデルというタイトルを得て、名実ともにトップモデルとして活躍するケンダル・ジェンナーは、これまで多くの恋愛を楽しんできたことでも有名。

 そんなケンダルは、経験豊富だけれど、恋愛に関してはあまり口を開いてこなかった。しかしこの度、ジャスティン・ビーバーリル・ナズ・Xなど、多くのセレブが参加するファッションブランドCalvin Klein(カルバン・クライン)のグローバルキャンペーンにケンダルも加わり、その撮影裏で過去の恋愛についての考えを語った。

「それぞれの恋愛から、別々の学びがあると思ってる」

 ケンダルといえば、イギリスの大人気ボーイズグループであるワン・ダイレクションハリー・スタイルズや、NBA選手のブレイク・グリフィンやベン・シモンズ、さらには、ケンダルの親友ジジ・ハディッドベラ・ハディッド姉妹の弟アンワー・ハディッドとも、デートしているとのウワサが流れたことがある。

 様々なタイプの男性と交流してきた彼女にとって、すべての関係で新しい学びがあったよう。現在24歳のケンダルは、過去の恋愛で得たことをこう振り返った。

「多くの恋愛は、私自身について教えてくれた。それが1番価値のあることだよね。自分は、人や恋愛関係から何を求めてるのかってこととか(を知ることができた)」

画像: 2020年1月に、一緒にブランチに出かけたケンダルとベン。

2020年1月に、一緒にブランチに出かけたケンダルとベン。

意外と恋愛に真面目なケンダル

 多くの男性との恋愛がささやかれてきたケンダルの恋愛遍歴を、マイナスの方向に捉える人々も少なくはない。

 2019年の夏には、事実じゃなくても否定しないケンダルの姿勢を逆手に取り、ケンダルはNBA内の5人もの有名選手と付き合ってきており、それだけでチームが作れるという、ケンダルの恋愛を面白がる心ないツイートが拡散。さすがに堪忍袋の緒が切れたケンダルが、“2人だけ正しい”と反応する出来事もあった。

 派手に見えても、交際している時にはしっかりと相手と向き合っている様子のケンダル。そんなケンダルだからこそ、それぞれの恋愛から、きちんと学びを得ているよう。

 また、ケンダルは破局後も、元恋人たちと友人として仲良くしている様子がたびたび目撃されている。2019年12月には、米トーク番組『The Late Late Show(原題)』に、元彼のハリーとそろって出演。ハリーに、「前のアルバムに収録されている曲のなかで、私について書かれた曲はどれ?」と質問するなど、かなりオープンな態度を見せていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.