3月21日は国際森林デー(International Day of Forests)。これは何の日?2020年の最新テーマや祝い方などをご紹介。(フロントロウ編集部)

3月21日は国際森林デー

 3月21日に祝われる国際森林デー(International Day of Forests)は、森林や樹木に対する意識を高める記念日。2012年の国連総会において決議・創設され、国連森林フォーラムとFAO(国際連合食糧農業機関)が、世界各国の政府や団体とコラボしながら毎年開催している。

画像: 3月21日は国際森林デー

 国連は、「水を飲むとき、ノートにものを書くとき、熱のための薬を飲むとき、家を建てるとき。私たちは多くの場合、そういった行動と森をリンクさせていません。しかしこれらの行動を含め、私たちの生活の多くの場面が、森と何かしらの形でリンクしています」として、地球の3分の1を覆い、16億人の生活に直結しており、陸生動物の80%の住処である森林を守ろうと訴えている。

2020年のテーマは?

 2020年の国際森林デーのテーマは、「森とバイオダイバーシティ(Forests and Biodiversity)」。サブメッセージには、「失うには貴重すぎる(Too precious to lose)」 という文言が採用されている。

画像: 2020年のテーマは?

 FAOが制作した2020年度の動画には、「陸生の生き物の80%の住処である森は、バイオダイバーシティ(生物多様性)にとって極めて重要です。しかし毎年数百ヘクタールもの森が失われており、バイオダイバーシティは危機にあります。私たちは森をいたわることで、私たちの唯一の住処をいたわらなくてはいけません」というメッセージが添えられている。

 FAOが訴えるとおり、現在、森林伐採は驚くべき速さで進んでいる。毎年1300万ヘクタールにおよぶ森林伐採は、地球温暖化を引き起こす温室効果ガスの排出の12~20%につながっていると国連は算出している。 

国際森林デーの祝い方

画像: 国際森林デーの祝い方

 FAO(国際連合食糧農業機関)が掲げる、国際森林デーの祝い方をご紹介。

・植樹、シンポジウム、アート展、写真コンテスト、学生討論会をはじめ、森の存在を祝うイベントに参加する(※)。FAOは、イベントにまつわる写真をIDF@fao.orgに送れば公式ページで紹介する可能性もあるとしている。

※2020年は新型コロナウイルスの流行のため人が多く集まるイベントへの参加は推奨されていない。

・FAOの公式ページから入手できる、国際森林デーのロゴ、バナー、ポスターをSNSなどで拡散する。

・#IntlForestDayのハッシュタグを使い、森についての話題や議論に参加したり、今年のメッセージをシェアしたり、最も好きな森の写真などをシェアしたりする。

◼️国際森林デー国連ページ(英語)
◼️国際森林デーFAOページ(英語)

 国際森林デーの3月21日は私たちが暮らしの基盤である森林のことを思い、森林への愛を示すアクションをとってみよう。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.