モデルのロミー・ストリドが10年来の恋人との待望の第1子を妊娠したことを報告。それと同時に、じつは女性特有の病気である多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と闘っていたことも告白した。(フロントロウ編集部)

ロミー・ストリドが妊娠報告&PCOSとの闘病を告白

 オランダ出身のモデル、ロミー・ストリド(24)は、2015年からランジェリーブランド、ヴィクトリアズ・シークレット(以下、ヴィクシー)の広告塔美女軍団ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズの一員として活動しているほか、ハイファッション・ブランドのランウェイに登場したり、有名ファッション雑誌の誌面を飾るなど、引く手あまた。

画像1: ロミー・ストリドが妊娠報告&PCOSとの闘病を告白

 プライベートでは同じくオランダ出身で、テレビ司会者の息子であるローレンス・ヴァン・ルーウェン(29)とお互いが10代の頃から10年間にわたって交際しており、2020年1月に来日した際にも、ローレンスを同伴して日本での観光を満喫した。

画像2: ロミー・ストリドが妊娠報告&PCOSとの闘病を告白

 そんなロミーがインスタグラムを通じて、ローレンスとの第1子を妊娠したことを発表。そのなかで、人知れず闘っていたという多嚢胞性卵巣症候群(Polycystic Ovarian Syndrome/PCOS)(以下、PCOS)についても初告白した。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じる病態。はっきりとした原因は分かっておらず、生殖年齢の女性の約6~8%にみられる。

自覚症状としては、「月経周期が35日以上つづく」、「月経が突然不規則になる」、「無月経」、「にきび・吹き出物が多い」、「やや毛深い」、「体重の急激な増加」といったものがある。

 以下、ロミーの投稿を全文訳。

「私たちに赤ちゃんが生まれます! 7年間、月経が来ない状況が続いた私は、2年前にPCOSとの診断を受けました。私にとって母になり、ローレンスと一緒に家族を築くというのは、最大の夢だったから、それを知らされたときは精神的にひどく落ち込みました。PCOSを抱える女性は、自然妊娠が難しいと伝えられ、私は、もしかしたらその夢が叶わないのではないかと、とても怖くなりました。

自分でPCOSについてリサーチをしてみて、私のPCOSは従来のものとは違うのではないかという結論に辿り着きました…。私の場合は、体が闘争・逃走反応を起こしている、つまり、つねにストレスに晒されていることが原因なのではないかと気がついたんです。

精神的には、ものすごいストレスを感じたことがなかった私にとっては、これを理解するのは難しいことでした。でも、私の日常は、世界中を飛び回ったり(バイオリズムなんかなし)、毎日ワークアウトをしたり、超クリーンな食生活を続けたり(食べ物を制限)といった行動から成り立っていました。たぶん、私は自分の体にプレッシャーをかけすぎてしまったんだと思います。もちろん、これは人それぞれですが、私の場合は体が十分に機能するためには、体重が足りなかったのではないかと思っています。もしくは、体重は足りていたとしても、つねに移動を繰り返している状況には耐えられなかったのかもしれません。

そう考えるようになったことを機に、PCOSを自然に治す方法について調べ始め、これからは、HITトレーニング(高強度運動)をぐっと減らし、食事制限をするのもやめて、必要に応じてきちんと休息をとり、自分をもっと労わるべきだと考えるようになりました。

このほかにも、自然派サプリメントや鍼治療を試したり、家族と過ごす時間をもっと増やせるように、故郷であるオランダに新居を構えたりしました(私は家族大好き人間なので)。
11月に生理が戻って来たことは、私にとって本当に嬉しくて、感謝でいっぱいな出来事でした。それに、私たちはもうすぐ3人家族になれるなんて…!

赤ちゃんを授かろうと努力している女性のみなさん、どうか自分を信じて、自分と自分の体にやさしくしてください。どうか、あまりネガティブな考えに占拠されないようにしてください。

 屈託のない笑顔や明るい性格で知られるロミーだけに、その裏では人知れずPCOSと闘っていという告白には、多くの人が驚いている。ローレンスとの念願のベビーを妊娠した彼女のもとには、テイラー・ヒルやステラ・マックスウェル、ジャスミン・トゥークス、ライス・リベイロといったヴィクシー・エンジェル仲間からも続々とお祝いコメントが寄せられている。


PCOSを告白したセレブの妊娠報告が相次ぐ

 4月から5月にかけて、偶然にも、過去にPCOSとの闘病を告白したセレブたちのおめでたいニュースが相次いでいる。

 30歳を目前にPCOSと診断されたことを明かしたドラマ『glee/グリー』のリア・ミシェルは、2019年に結婚した実業家のザンディ・リッチとのあいだに、待望の第1子を妊娠したことが4月末に明らかに。

 そして、2017年にPCOSの影響で女性ホルモンのバランスが急激に崩れ、体重が増加したことにより苦悩したことを告白したドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』のサーシャ・ピーターズも、2018年に俳優のハドソン・シーファーと結婚していて、2人にとっての第1子となる赤ちゃんが10月に誕生予定であることを、つい先日、公表したばかり。

 PCOSは不妊の原因となりやすい病気だと言われているだけに、こういったPCOSを抱えるセレブたちの妊娠報告は、同様の悩みをもつ女性たちに希望を与えるだろう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.