俳優や監督として活動するコメディアンのセス・ローゲンが、Black LivesMatter(ブラック・ライヴズ・マター)運動を批判したファンへ怒りのコメント。(フロントロウ編集部)

セス・ローゲンもBLMを支持

 声優としては映画『宇宙人ポール』でポールの声や、2019年『ライオン・キング』でプンバァの声を担当し、俳優としては『50/50 フィフティ・フィフティ』や『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』などに出演してきたコメディアンのセス・ローガンが、一般人にブチ切れる出来事があった。

 2020年に入ってから、アメリカではすでに複数人の非武装の黒人が白人警官に殺害されており、とくに白人警官によって首を押さえつけられ死亡したジョージ・フロイド氏の動画は広く拡散され、何百年と続く黒人差別に多くの人が声を上げている。黒人の命にも価値があると叫ぶBlack Lives Matter(ブラック・ライヴズ・マター)がスローガンとなっており、多くの著名人もインスタグラムやツイッターで支持を表明している。

 セスもまたBlack Lives Matterと書かれた画像をインスタグラムに投稿し、黒人コミュニティへの差別を批判した。しかし、彼のもとにこんなコメントが。

 「人々は黒人だけの問題かのように言う。すべての有色人種のためにあるべきなのに。なんで残忍な動画は最後しか映さないのか?元々その人たちが問題になるようなことをしてたのを映さない」

セス・ローゲンの怒りが爆発

 何もしていなくても黒人であるだけで警察から疑われ、時には攻撃されるという問題はアメリカ国内で長らく指摘されているうえ、何かをしていたとしても殺人を犯すことは許されない。

 セスは画像を投稿した際に、「この声明に少しでも議論の余地があると思うなら、私をアンフォローして良いですよ」と控えめなキャプションを添えていたのだけれど、ユーザーが直接送ってきた人種差別的なコメントには容赦ない姿勢でコメントした。

「君に私の映画を見る資格はない。見るのを止めろ。くたばれ」

 セスはこの他にも、似たようなコメントをしてきたユーザーに対して「くたばれ」を連発しており、かなり怒り心頭の様子だった。ちなみにセスは、『カンフー・パンダ』シリーズや『シュレック3』、『スティーブ・ジョブズ』、『グリーン・ホーネット』にも出演している。

All Lives Matter(すべての命に価値がある)問題

 Black Lives Matter運動に対して、黒人だけでなくすべての人の命が大切だと、問題の論点をすり替える主張をする人々が問題となっている。

 もちろんすべての命は大切だけれど、黒人であるだけで白人の3倍も警察官に殺される可能性が高いことが米Mapping Police Violenceの調査でわかっており、他の人種には降りかからない黒人コミュニティへの不平等は存在している。ブラック・ライヴズ・マターはその不平等によって多くの黒人たちが殺されたことがきっかけで誕生したもの。そのため、すべての命を大切にするならばブラック・ライヴズ・マターを支持しようと訴えられている。

 多くの人は、社会の仕組みそのものに存在する黒人に対する差別に声をあげており、抗議デモに参加したシンガーのアリアナ・グランデは、「特定の警察官を逮捕することだけが正義じゃない。これを許してしまった体系を解体させることこそが正義」とメッセージを送っている。

画像: ©️Doug Middlebrook/Instagram

©️Doug Middlebrook/Instagram

 米大物政治家のバーニー・サンダース氏も、2020年2月にジョギングをしていた黒人青年アマード・アーベリーが射殺された事件が発生した際に、「私の中では、もしアマードが白人であったなら生きていたであろうということは疑いようのない事実だ」とツイートしている。

 また、シンガーのビリー・アイリッシュは、All Lives Matterと白人の特権(White Privilege)について怒りの長文をインスタグラムに投稿した。

今週ずっとこの繊細な話題についてどう話せばいいのか考えてた。 私のプラットフォーム(ファン層)は巨大だから、何をどのようにして伝えれば、この件について最大限の敬意を払うことができるのかずいぶんと悩んだ。でも、そんなことはどうでもいいから、言いたいことを言うね。

あと1回でも白人たちが『All Lives Matter(すべての命に価値がる)』と言っているのを耳にしたら、頭がおかしくなりそう。マジでお願いだから黙っててくれる???誰もあんたら(白人)の命に価値がないなんて言ってない。誰もあんたらの人生が大変じゃないなんて言ってない。ていうか、そもそも誰もあんたらの話なんかしてない。あんたらはただ自分たちの都合の良いように話をすり替えて、便乗してるだけ。これはあんたらの問題じゃない。だから、何でもかんでも自分たちの話題に持っていこうとするのはやめて。あんたらは助けを必要としていない。だって、何の危険にも晒されていないんだから。(子供に説明するつもりで話すね。だって、そうじゃないとあんたらには理解できないと思うから)

もし、あんたの友達が腕に切り傷を負ったら、あんたは『みんなの腕が大事だから』と言って、すべての友達に絆創膏が配られるまで待つわけ?違うよね。きっとあんたは友達を助ける。だって、その友達は痛がっていて、助けを必要としていて、血を流している。

もし、誰かの家が火事で燃えていて、中にはまだ人がいる状況で、あんたは『すべての家が大事だから』と言って、(火事で燃えている家の近所にある)すべての家に消防署の隊員たちを駆けつけさせるの?答えはノー。だって、ほかの家の人たちは助けを必要としてないから。

それを好きか嫌いかは別として、あんたたちには“特権”がある。この社会では白人というだけで優遇される。貧乏だろうが、苦しんでいようが、肌の色が白いというだけで、あんたたちは自分たちが思っている以上に、他の色の人たちよりもたくさんの特権を与えられている。でも、白人だからといって、あんたたちが他の人たちよりも優れているというわけじゃない。その肌の色のおかげで、生きることへの不安や心配を抱えて生きる必要がないというだけ。それこそがまさにあんたらの特権なの!

『All Lives Matter(すべての命に価値がある)』のなら、なぜただ“黒人”というだけで、黒人の人たちが殺されるの?なぜ移民の人たちが迫害されるの?なぜ白人以外の人種の人たちにはない機会を白人ばかりが得ることができるの?なぜステイホーム期間中に抗議活動を参加した人たちのなかで、白人だけがおとがめなしなの?それも武器のようなものまで持ち歩いているのに。なぜ無実の人が殺害された事件の抗議活動に参加した黒人だけが不良呼ばわりされるの?なぜか知ってる???

それが白人のクソ特権だから。

白人の特権はヒスパニック系の人たちに影響を与えている?ネイティブアメリカンは?アジア系の人たちは?答えは言うまでもないけど、イエス。1000000000000000%、影響ある。

でも今、この瞬間にみんなで話し合うべきことは、何百年と続く黒人の人たちへの制圧について。『Black Live Matter(黒人の命にも価値がる)』というスローガンは、“黒人以外の命に価値がない”と言っているわけじゃない。このスローガンは、今の社会が黒人の命をまるで価値のないもののように扱っているという、まぎれもない事実を訴えているだけ!!!!

その言葉通り、『黒人の命にも価値がある』。

黒人の命にも価値がある。
黒人の命にも価値がある。
黒人の命にも価値がある。

何度でも叫ぼう。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.