ドラマ『glee/グリー』の元共演者から「人種差別主義」を暴露された俳優のリア・ミシェルに対し、同ドラマでリアと共演していたブリトニー役のヘザー・モリスが辛辣なコメントをツイッターに投稿。(フロントロウ編集部)

ヘザー・モリスがリア・ミシェルの人種差別疑惑に言及

 いじめや障がい、LGBTQ+といったテーマを取り入れた、大人気青春ミュージカルドラマ『glee/グリー』(以下『グリー』)のレイチェル役でブレイクした俳優のリア・ミシェルが、同ドラマのシーズン6にジェーン役で出演していた俳優のサマンサ・ウェアから撮影現場での人種差別的な言動を告発された件で、同じく『グリー』でリアと共演していたブリトニー役の俳優ヘザー・モリスがコメントを発表した。

リア・ミシェルに浮上した「人種差別疑惑」とは?

 騒動のきっかけとなったのは、黒人男性のジョージ・フロイドが白人の元警察官(※)デレク・ショービン容疑者に殺害された事件をうけて、リアが自身のツイッターに投稿した「ジョージ・フロイド氏の身に起きたことはあまりにも不公平です。これはただの事件ではありません。このようなことは、もう二度とあってはなりません。#Black Lives Matter/ブラック・ライヴズ・マター(黒人の命にも価値がある)」というメッセージ。
※事件後に懲戒免職となり、逮捕・起訴された。

 これを見たサマンサが、「爆笑。あなたのせいで、私の初めてのテレビ出演が“生き地獄”になったことを忘れちゃったの?!?! 少なくとも私は一生忘れない。たしか、あなたはできることなら私のウィッグに『糞をしてやりたい』ってみんなに言ってたよね。トラウマになるような自覚なき差別によって、私はハリウッドでキャリアを築くこと疑問を感じるはめになった…」というコメントを付けて、先ほどのリアの投稿を引用リツイートしたことで、リアに人種差別疑惑が浮上した。

画像: リア・ミシェルと、リアの過去の人種差別的な言動を告発したサマンサ・ウェア。

リア・ミシェルと、リアの過去の人種差別的な言動を告発したサマンサ・ウェア。

 このサマンサの主張に対し、ユニークことウェイド役で『グリー』に出演していた俳優兼シンガーのアレックス・ニューウェルや、シーズン1からリアと共演していたメルセデス役の俳優アンバー・ライリー、マーリー役のメリッサ・ブノワら元共演者たちが、続々とリアに人種差別的な言動があったことを認めるかのような反応を示したことで、疑惑が“確信”に…。

 その後、事態を重く見たリアは、「先日のツイートは、この非常に困難な状況のもと、有色人種の人々やコミュニティに対してサポートを表明するためのものでした。しかし、私が受け取った反応は、自分自身のキャストたちに対する行動が、彼らには、どのように受け取られていたかということを見つめ直すきっかけとなるものでした。指摘されたようなコメントをした覚えはなく、誰かを生い立ちや肌の色で判断したこともありませんが、重要なのはそんな事ではありません。問題なのは、私が明らかに、ほかの人たちを傷つけるような行動を取ってしまったということです。私の恵まれた立場や視点が、思いやりがない、もしくは、不適切だと感じさせてしまったのか、それとも、私の未熟さや不必要な気難しさが原因だったのかは分かりません。しかし、どうであれ、私は、自分の行いや、それによって引き起こしてしまった苦痛について謝罪します」と、弁解と謝罪を込めた声明文を発表している。

 以下、ヘザーのコメントの全訳。

 「これだけはハッキリさせておきたいんだけど、アメリカ国内に広がる“憎しみ(ヘイト)”を私たちは今まさに治癒しようとしているところで、私は相手が誰であろうと憎しみが広がることを望んでいない。

 それを踏まえて言うね。彼女と一緒に働くのは不快だったかって?まさにその通り。ずいぶん長いこと周りの人たちを蔑んできたことに対して、リアは報いを受けるべきだと思う。けれど、それを黙って見過ごしてきた私たちにも責任はある。これまで私たちは“声を上げる”ということをしてこなかったけど、今、社会全体がそのことを学んでいる過程にある。

 現在はどうであれ、(サマンサが告発した過去の彼女の言動は)彼女が人種差別主義者であることを暗示している。彼女の信念を私が伝えることはできないけど、みんながそうじゃないかと思っている。みんなが“そう思ってる”っていうことはやっぱり…」

画像: 『グリー』の撮影に臨む、ヘザー・モリス(左)とリア・ミシェル(右)。

『グリー』の撮影に臨む、ヘザー・モリス(左)とリア・ミシェル(右)。

 ヘザーは、人々の怒りや憎しみの矛先がリアに向かうことは“望まない”としながらも、今回の件はまさに身から出た錆であり、自身の過去の言動や過ちに対して彼女が何らかの制裁を受けるのは至極当然のことであると、元共演者として厳しい言葉を浴びせた。

『glee/グリー』関係者が続々と反応

 ちなみに、『グリー』時代からリアとの不仲説が絶えなかったサンタナ役の俳優ナヤ・リヴェラは、今回の件をきっかけにリアのインスタグラムのフォローを外した。今年5月にリアが第1子の妊娠を発表した際、ナヤが「わぁ、おめでとう!」とメッセージを残していたことから、現在の2人の関係は良好なものだと思われていたが、恐らくこれで再び疎遠に…。

画像: 『グリー』より。リアとナヤ・リヴェラ(右)。 Photo:©︎20TH CENTURY FOX TV / Album/Newscom

『グリー』より。リアとナヤ・リヴェラ(右)。
Photo:©︎20TH CENTURY FOX TV / Album/Newscom

 また、『グリー』にプロデューサー兼脚本家として携わっていたマーティ・ノクソンは、自身のツイッターで「態度が悪い人たちに対して声を上げるのは大賛成だし、それに対して報いを受けるのは当然だと思ってる」としつつ、「でも、『グリー』にはもっと最悪な俳優がたくさんいたよね。女性ではなく、男性ね。多分、この業界にいる人は私が誰のことを言ってるのかわかると思う。声を上げるなら、どうしてその人たちのことも言わないの?」と、リア以外に『グリー』の出演者の中に問題児がいたことを指摘。

 続けて、「最初にバスの下敷きにされるのはいつも女性。男性の多くは、“いじめっ子”でも許される。なんでそんなことが許されるのかって?(女性よりも)男性のほうが稼ぎ頭だから、免除してもらえる」と言うと、「次は男性が(問題行動を取っているもしくは取っていた)男性に対して声を上げるべき」と、“この先は男性陣に委ねる”とした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.