マーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオが手掛けるクライムドラマ『The Devil In The White City(悪魔と博覧会)』に、キアヌ・リーブスが出演する可能性が報じられている。(フロントロウ編集部)

キアヌ・リーブス、ついにドラマに出演か

 映画『マトリックス』シリーズや『ジョン・ウィック』シリーズなどで知られる映画スターのキアヌ・リーブスが、Huluによるドラマ『The Devil In The White City(原題)』に出演を打診されていると、米Deadlineが報じた。

 原作はエリック・ラーソンによるノンフィクション『悪魔と博覧会』で、19世紀末のアメリカで実際に存在した連続殺人鬼H・H・ホームズと、建築家であり1893年に開催されたシカゴ万博総指揮者のダニエル・バーナムを追った物語となっている。H・H・ホームズは博覧会の会場近くに“殺人の城”を作り、連続殺人に及んでいたという。

 本作は2010年に俳優のレオナルド・ディカプリオが版権を獲得し、彼が連続殺人鬼を演じ、マーティン・スコセッシ監督によって映画化される予定だった。しかし2019年にHuluがドラマ化を発表。レオナルドとスコセッシ監督はエグゼクティブプロデューサーとして制作に携わることが明かされた。

画像: キアヌ・リーブス、ついにドラマに出演か

 現在、キアヌがH・H・ホームズ役とダニエル・バーナム役のどちらをオファーされているのかは不明だが、本作への出演が決定すれば、キアヌにとって初のドラマ出演となる。

 キアヌがダニエル・バーナム役で、レオナルドがH・H・ホームズ役で共演してほしいという期待も高まるが、果たして望み薄だろうか。続報が待たれる。

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.